AKBグループの惨状!韓国とのコラボが裏目に出まくり

まいじつ

2018/8/9 16:00

プロデュース48 AKB48 HKT48 宮脇咲良
(C)まいじつ

人気アイドルグループの実力にあらためて疑問符が付いた。きっかけは日韓で放映されているアイドルオーディション番組『プロデュース48』だ。

この番組は韓国の音楽専門チャンネル『Mnet』が企画・放映しているオーディション番組『プロデュース101』と日本の『AKB48』とのコラボレーション企画。今回はその第3弾が放送された。

番組は、日韓それぞれのアイドルや練習生96人が参加し、さまざまなパフォーマンスを繰り広げながら視聴者が投票。最後まで残った12人のメンバーが期間限定アイドルとしてデビューできるという内容だ。

『プロデュース48』が放送されると、歌や踊りなどでのパフォーマンスによるA~Fのランク分けでは、日本人メンバーのほとんどが低いレベルに。ダンス担当のトレーナーは、「日本の子たちは正直分からない」とあきれたような表情をつくり、日韓の実力の差が残酷にもさらけ出された。

スター性でAランクとなった先の総選挙3位の『HKT48』宮脇咲良は「すごくショックで、韓国の人は日本でも通用するのに、日本人は日本を出た瞬間に通用しなくなる現実を突き付けられた気がして悔しいって思いました」と心情を吐露した。

AKBが日本代表に納得が行かないとの声


AKBグループの惨状にネット上では散々な言われようだ。

《おめーら歌手だったのかよ》
《いや、国内でそれに気付けよ》
《韓国は置いといてお前らが日本の歌手語るなよ》
《やはり一緒は無理だと思います。昔見たFNS歌謡祭のAKB48の幼稚さと少女時代の艶感? かっこよさの差に驚きました。秋元康氏のロリコン集団、頼むから東京オリンピックでパフォーマンスしないでほしいです。日本の恥。》
《何勝手に日本を語ってんだよ歌手もどきが》
《何で日韓合同でやるのかな~?更にAKBが日本のアイドルの代表みたいに思われているのも納得がいかない。》

8月2日に発表された順位で、トップは韓国勢。2位は『HKT48』の矢吹奈子。宮脇は7位と韓国勢どころか後輩よりランキングが下という結果。ちなみに日本人は30人中10人が生き残っている。

残ったメンバーがこの評判を覆せるか。奮起を期待したいものだ。

あなたにおすすめ