アニメ『シンカリオン』×『エヴァ』コラボ 使徒が合体した「キングシトエル」が敵!レイ・アスカ・委員長も登場



毎週土曜あさ7時から好評放送中のアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』(TBS系全国28局ネット)と『エヴァンゲリオン』のコラボレーション回がついに2日後に迫り、登場する敵の姿が公開された。

8月4日に放送した葛城ミサト(CV:三石琴乃)のナレーションによる次回予告も大きな話題を呼んでいる“シンカリオン”と“エヴァ”のコラボ。

8月11日の第31話で速杉ハヤトと碇シンジの前に立ちはだかるのは、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』に登場するいくつかの使徒が合体した最強の巨大怪物体だ。

新幹線「500 TYPE EVA」を目撃し追いかけていたハヤトは、「第三新東京市」にたどり着く。そこに突如現れた巨大怪物体。コードネームは、その名も「キングシトエル」! 今までの巨大怪物体とは異なるこの強敵に、ハヤトとシンジは果たしてどのように立ち向かうのか……!?

今回のコラボストーリーは、碇シンジのほか、同級生の委員長こと「洞木ヒカリ」をはじめとする洞木三姉妹が登場する。姉と妹の存在は、『新世紀エヴァンゲリオン』第17話「四人目の適格者」にて、ヒカリのセリフのみで明かされていた。2017年「新幹線:エヴァンゲリオンプロジェクト」で「500 TYPE EVA」の運行が開始されたことを記念して、ヒカリの姉・コダマと妹・ノゾミがキャラクターとして制作され、今回のコラボレーションで、初めてアニメ本編にキャラクターとして登場する。

洞木ヒカリを演じるのは、オリジナル声優の岩男潤子さん。さらにコダマ・ノゾミの声優も岩男さんが務め、一人で洞木三姉妹を演じ分ける。

また、次回予告に登場し話題となった綾波レイと惣流・アスカ・ラングレーも本編に特別出演! 声を務めるのはもちろん、オリジナルキャストである林原めぐみさんと宮村優子さん。お馴染みのあのセリフも聞けるかも!? さらに、次回予告のナレーションを担当した葛城ミサトも本編に特別出演する。レイ、アスカ、ミサトがどの場面で登場するのか、お見逃しなく。

そして今回も、テレビ放送バージョン限定で『エヴァンゲリオン』の楽曲を使用。しかも「500 TYPE EVA」が初登場し話題となった5月5日放送回を上回る楽曲数となっており、この楽曲の数々は見逃し配信などでは聞くことができないのだとか!

ついに放送まであと2日! 平成最後の夏、一番熱い『シンカリオン』と『エヴァンゲリオン』の夢のコラボレーション回を、是非リアルタイムでチェック!

新幹線変形ロボ シンカリオン公式サイト

http://www.shinkalion.com/

※画像は新幹線変形ロボ シンカリオン公式Twitterより。

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

あなたにおすすめ