「dTV」2018年上半期視聴ランキングを発表、1位は社会現象にもなったアニメ作品

dwango.jp news

2018/8/9 14:52


映像配信サービス「dTV」は、2018年上半期視聴ランキングを発表した。



メインキャラクターの安室透が社会現象ともなった「劇場版 名探偵コナン ゼロの執行人」が2018年上半期No.1の大ヒットを記録し、そして、劇場版シリーズ最高の興行収入も記録した「名探偵コナン」のTVアニメが第1位。第5位にも「劇場版 名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」がランクインしており、名探偵コナンへの注目度が高いことがわかる。

また、TOP10の中に、dTVのオリジナル作品が2作品ランクイン。

第3位のdTVオリジナルドラマ「不能犯」は、2018年2月に公開された、松坂桃李主演の映画「不能犯」に先駆けて、2017年の12月から2018年1月にかけてdTVで配信された、映画では描かれないエピソードを映像化したオリジナルドラマ。1月で全5話の配信が終わり更新は終了しているが、その後も映画『不能犯』の公開で話題は続き、継続して視聴されるコンテンツであった。

第10位のdTV×FOD共同製作ドラマ「彼氏をローンで買いました」は、野島伸司脚本、真野恵里菜主演のオリジナルドラマで、エリート彼氏をGETするために猫かぶりの毎日だった主人公が、ストレス発散のために、ローンで彼氏を買う、という野島伸司独特の内容に話題となった。

映像配信サービスdTVでは、昨年、初日の視聴数がdTV歴代No.1を獲得する大ヒットを記録し、今年も映画同様、福田雄一監督、主演小栗旬を迎え、dTVオリジナルドラマ「銀魂2 世にも奇妙な銀魂ちゃん」が8月18日(土)から配信となるほか、8月18日(土)、8月19日(日)にヤンマースタジアム長居で開催される国内最大級の夏フェス「a-nation 2018 supported by dTV&dTVチャンネル」大阪公演のライブを生配信することが決まっている。

2018年上半期視聴ランキングBEST10

1位        TVアニメ 「名探偵コナン」

2位        TVアニメ 「七つの大罪 戒めの復活」

3位        オリジナル dTVオリジナルドラマ「不能犯」

4位        洋画 『美女と野獣』

5位        アニメ 『劇場版 名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)』

6位        海外ドラマ 「ウォーキング・デッド シーズン8(FOXチャンネル)」

7位        洋画 『ワイルド・スピード SKY MISSION』

8位        洋画 『メカニック:ワールドミッション』

9位        洋画 『怪盗グルーのミニオン危機一発』

10位      オリジナル dTV×FOD共同製作ドラマ「彼氏をローンで買いました」

あなたにおすすめ