彼とのケンカで「一人にして!」発言…男子的にNGな3つの理由とは

愛カツ

2018/8/8 14:45


彼とのケンカがヒートアップして、つい言いたくなかったことまで言ってしまった経験はありませんか?

そうならないために「一人にして!」と彼を突き放してしまった…という方もいるかもしれませんね。

そこで今回はそんな「一人にして」発言が男性的にNGな理由について3つ、お話ししていきます。



■ ■1、話し合いが出来なくなるから

ケンカを終えて仲直りするためには、時間が経てば良いというものではありません。話し合いをしっかりして、お互いに納得が出来て初めて心のしこりが取れるものです。しかし、一人にして欲しいと距離を置かれてしまっては、仲直りのための話し合いが出来ない!というのが男子のホンネ。

「仲直りしたくて、分かり合いたくて話す必要があるのに、一人にしてと言われたらどうも出来ない。仲直りしたいのかもわからなくなるし、やめてほしい」(20代男性・会社員)

冷静になるのも大事ですが、話し合いをしながらも冷静を心がけてみるほうが良さそうですね。「ちょっと待って、今すこし冷静になりたいから」と彼に素直に伝えて一呼吸おくなど「一人にして!」と突き放すのは避けつつ冷静さを取り戻す努力をしましょう。

■ ■2、本当に一人にして欲しいのか、逆に構って欲しいのかわからないから

「一人にして」発言は、本当に一人にして欲しいのかわからないという意見もありました。本当に一人にしたら逆ギレされたという男性も!

「彼女が一人にして欲しいっていうから俺が家を出ていったら、本当に一人にするとかありえないってLINEきまして。逆ギレですよね。そっちの本心わからないっつーの!ってイラッときます」(30代男性・公務員)

本当は構って欲しいのか、はたまた本気で一人になりたいと思っているのか…男性的にはさっぱりわからないそう。あいまいな表現は避け、彼に本意が伝わるようにしたほうが良さそうですね。

■ ■3、一人にしてと言いつつ、一人にならず友達とかには愚痴っていそうだから

女って怖い…と思われる所以ともいえるのが、女友達への愚痴がハンパないこと。一人にしてって言っておきながら、女友達と一緒になって愚痴りまくっているんでしょ!?と複雑な男心…。

「一人にして欲しいっていうなら、本当に一人になれよって思いますもん。一人にしてっていってこっちを突き放しておいて、結局女友達のところ転がり込んで散々愚痴ってそうですもん」(30代男性・映像関連)

彼氏を突き放すのであれば、本当に一人になって冷静に色々と考えて欲しい…という切実な男性陣の願い。これは確かに、ズルいかもしれないですよね。一人になると言ったのだったら、貫き通さないとフェアではないでしょう。

いかがでしたか?

なにもおかしな物言いはなく、むしろ正論ともいえる意見ばかりでしたね。ケンカをしたときに一人になりたいというのは建設的ではないということがうかがえる結果でした。

ぜひ、皆さんも「一人にして」発言ではなく、2人が仲直り出来る方向に話合いが出来るような対応を心がけてみてくださいね。(ライター/コンテンツハートKIE)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ