【先ヨミ】乃木坂46『ジコチューで行こう!』が924,272枚を売り上げ首位独走 UP10TION、超特急が続く

Billboard JAPAN

2018/8/9 14:20



今週のCDシングル売上レポートから2018年8月6日~8月8日の集計が明らかとなり、乃木坂46『ジコチューで行こう!』が924,272枚を売り上げて首位を独走している。

21枚目となる本シングルには、齋藤飛鳥が6作ぶりに単独センターを務める表題曲に加え、カップリングに劇場版『七つの大罪』主題歌「空扉」を収録。初動3日間で924,272枚を売り上げており、週間チャートではミリオン突破となるのか、注目したい。

2位は、UP10TIONの日本3rdシングル『CHASER』。現時点で93,808枚を売り上げており、これは1月に発売された前シングル『WILD LOVE』の初週売上を上回る数字となっている。続いて、超特急『JESUS』が3位。“8号車(超特急ファンの呼称)の日”の8月8日にリリースとなった本作は、27,162枚を売り上げている。

4位には、24,850枚を売り上げたこぶしファクトリー『きっと私は/ナセバナル』が、5位にはアイドルマスター シンデレラガールズシリーズより『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS LITTLE STARS! いとしーさー□(ハート)』が19,231枚を売り上げ、それぞれ速報TOP5入りを果たした。

◎Billboard JAPANシングルセールス集計速報
(集計期間:2018年8月6日~8月8日)
1位『ジコチューで行こう!』乃木坂46 924,272枚
2位『CHASER』UP10TION 93,808枚
3位『JESUS』超特急 27,162枚
4位『きっと私は/ナセバナル』こぶしファクトリー 24,850枚
5位『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS LITTLE STARS! いとしーさー□(ハート)』輿水幸子(竹達彩奈),多田李衣菜(青木瑠璃子),藤原肇(鈴木みのり),水本ゆかり(藤田茜),森久保乃々(高橋花林) 19,231枚

※Billboard JAPANのCDセールスデータは、SoundScan Japanのデータを使用しています。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス