恋愛対象外!職場で「面倒くさい認定」される女性とは

愛カツ

2018/8/8 13:45


どんなにかわいくても職場ではある程度仕事ができないと、男性からも敬遠されてしまいます。

そのため社内恋愛を狙うのであれば、まずは「仕事仲間」として認めてもらうことが大事です。

そこで今回は男性が「彼女にするのはちょっと……」と思ってしまう、職場で「面倒くさい認定される女性の特徴」についてご紹介します。

面倒くさい女

■ 1、すぐに感情的になる

プライベートでイヤなことがあるとそれを職場に持ち込み、時には周囲を巻きこんで大騒ぎ。

また仕事でイライラするとすぐに感情的になる人もいます。あまりにも不安定すぎる言動に、見ているほうがハラハラ……。

ちょっとでも仕事を頼もうものなら「○○さんにコキ使われた!」「こんな会社辞めてやる!」と悪者扱いされそう。

そんな人が職場にいたら迷惑ですし、即「面倒くさい」認定されてしまいます。

どうしても我慢できないことはグチにするのではなく、冷静に言葉にして伝えるようにしましょう。

■ 2、派閥をつくる

学生時代の頃から必ず敵味方をわけて、派閥をつくる女性っていましたよね。

ちょっとでも気に食わないことがあろうものなら、同僚や後輩の悪口を言い、得になりそうな人にくっついて回る……。

こういったトラブルメーカーがひとりいるだけで、職場の環境はどんどん悪くなっていきます。一緒に働いていて、これほど面倒くさいことはないでしょう。

みなさん大人ですから一応はあなたの話を聞いてくれるでしょうが、内心「関わりたくない」と思っているはず。

あくまで職場は友達をつくる場所ではないと割り切って、仕事をこなす必要がありそうです。

■ 3、前の職場を引きずっている

転職をした場合、たとえば「前の会社ではお茶くみなんてさせられなかった」など、なぜか必要以上に比較をしてくる人もいます。

たしかに「このやり方は効率が悪いな」「ココは前職のほうが自分に合っていたかも」と思うこともあるでしょう。

でも新しい会社に就職を決めたのは自分自身です。郷に入ればなんとやらということわざもありますが、まずはいまの会社を受け入れるところからはじめましょう。

その上で「もっとこうしたほうが良いんじゃない?」と思うことがあるのなら、前の職場を引き合いに出すのではなく、ひとつの方法として提案してみましょう。

そうすることでイヤミったらしくない「デキる人間」として周囲から一目置かれる存在になれるでしょう。

■ おわりに

いかがだったでしょうか?今回紹介した「面倒くささ」とは「他人のことを考えられない、独りよがりな人」とも言えるでしょう。

何事も言い方ややり方次第で、「面倒な人」か「重宝される人」のどちらかにわかれます。

どうせなら自分の良いところをうまく表現して、職場でも愛される女性になりましょう。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)

あなたにおすすめ