磯村勇斗&志田未来らが高校生監督の“大人のラブストーリー”に出演!

10月28日(日)にフジテレビTWOドラマ・アニメ/フジテレビTWOsmartにて放送されるドラマ「キミの墓石を建てに行こう。」(夜7:30-8:30)に、磯村勇斗、志田未来、白石聖の出演が発表された。磯村はこれがテレビドラマ初主演となる。

同ドラマは第5回「ドラマ甲子園」の大賞作品で、長野在住の19才・宮嵜瑛太さんが脚本と監督を務める。愛するものを失った男女が、その愛したもので結ばれていく絆を描いた、切ない感動ストーリー。

常に無気力だった青年・片瀬奏(磯村)は、自分に生きる活力をくれた朝田梨花(志田)を大切に思っていた。しかし、片瀬がその思いを伝える前に、梨花は病で亡くなってしまう。

生前に梨花は、自分のお墓を建ててほしいという願いを片瀬に託していた。片瀬は、梨花を慕う後輩の石川奈々(白石)と共にその願いをかなえようと動き出す。

■ 磯村「印象的なせりふが多くて、心にグサッとくる」

台本を読んだ感想について、志田は「高校生が脚本を書いたということで最初は衝撃を受けました。男性が書かれているのに、女性目線の『こういうところあるな』という部分もしっかり描かれているのが素敵だなと思いました」とコメント。

また、磯村は「内容が繊細だと思いました。印象的なせりふが多くて、心にグサッとくる」と明かし、白石は「初めて台本を読んだときは奈々に感情移入して泣きました」と脚本に深く感心したことを語った。

役どころについて、磯村は「片瀬は、自分の気持ちを素直に言えない不器用な人」と評する。志田は「梨花は太陽みたいに明るくキラキラしている役で、印象的なせりふも多いです」と明かす。

白石は「奈々は一見すごく気が強い子かと思いましたが、内に秘めた思いが徐々に出てくるので、そういった部分を大切に演じたいと思います」と語った。

そして視聴者に向け、磯村は「高校生が描く大人の切ないラブストーリーですが、最後には希望が見えるストーリーで、片瀬、梨花、奈々の三人みんなに感情移入できるような作品になってます。

若いチームで盛り上げていきますので、放送を楽しみにしていただければと思います!」とメッセージを送った。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/157829/

あなたにおすすめ