Googleがクラウドと連携するデジタルホワイトボード『Jamboard』を発売 『G Suite』ユーザー向けに本体とソフトウェアライセンスを提供



Googleは8月8日、クラウドと連携するコラボレーション用途のデジタルホワイトボード『Jamboard(ジャムボード)』の国内販売を開始したことを発表しました。





通常のホワイトボードと同様にペンで描画して消しゴムで消すことができ、画面は『Google ハングアウト』に表示したり、スマートフォンやタブレットで利用できる専用アプリからセッションに参加することが可能。画面には『Google検索』の結果や『Googleマップ』の地図を追加できるほか、サブスクリプション制のクラウドサービス『G Suite』と連携して、『Google ドキュメント』のファイルを追加したりホワイトボードのセッションファイルを共有することができます。





手書きの文字はテキストに、図形は図形オブジェクトに自動で変換し、移動や拡大・縮小が可能。たとえば長い耳の動物の顔を描けば、変換候補から選んでウサギのイラストを挿入することができます。



発表会場では、金沢への社員旅行をテーマに、旅程を決めていく打ち合わせを想定したデモを披露。複数台の『Jamboard』とタブレットで同じホワイトボード画面を共有して、社内アンケートの結果を『Google ドキュメント』から貼り付け、『Google マップ』の地図上で旅程を組んでいく作業が実演されました。

ハードウェア仕様は、OSにAndroid、55インチ 4K UHDのタッチパネルディスプレイ、広角カメラ、スピーカー、マイク、HDMI 2.0ポート、USB Type-Cポート2基、USB 3.0ポート、NFCモジュールを搭載。静電容量式のタッチペンと消しゴムが付属します。



導入には『G Suite』の契約が必要。本体は64万円(税別)、ソフトウェアライセンスが年額7万7000円(税別)。オプションとして、キャスター付きスタンドを17万3000円(税別)、配送・組み立てと動作確認を行うベーシックサービスを4万1000円(税別)、設置前コンサル、配送・組み立て・動作確認、設置後の導入支援を行うプレミアムサービスを18万9000円(税別)で提供。販売パートナーであるNTTドコモ、サテライトオフィス、ソフトバンク、電算システム、トップゲート、USEN ICT Solutions、rakumoの7社から販売します。

―― やわらかニュースサイト 『ガジェット通信(GetNews)』

あなたにおすすめ