ナジャが感激! 映画『オーシャンズ8』大阪試写会で豪華サプライズ

Walkerplus

2018/8/9 12:53

ハリウッドスター豪華共演で話題となった「オーシャンズ」シリーズから、キャストを一新した最新作『オーシャンズ8』が8月10日(金)より公開される。これに先駆け、大阪の映画館・梅田ブルク7で本作の「ゴージャス試写会」が8月7日(火)実施された。現在関西で最もゴージャスなタレントとしてナジャ・グランディーバと女装家仲間のマダム・ココ、ベビー・ヴァギーが登場した。

ナジャは本作の魅力を「ファッショナブルでゴージャス。宝石を盗むというスリリングさが最高。そして何よりも女の結束は怖い」と語る。ナジャ達自身も結束力は固いらしく、「普段はカツラを忘れたときなんか貸し合うぐらい仲がいいけど、特に関東からオネエが来たときは私らの結束はオーシャンズには負けへん」と豪語して、観客の笑いを誘った。

ナジャは本作のオーシャンズに対抗して大阪のゴージャスなもの盗んできたと言い、通天閣の「ビリケンさん」を「彼女らは1億5千万ドルの宝石やけど私らは神様を盗んできた」と得意げに披露。意外と豪華な格好で盗むとバレないなどと軽口を叩きながら「せっかくなんで『オーシャンズ8』のヒット祈願をしましょう」とナジャの呼びかけのもと観客と祈祷した。

ヒット祈願を終えたところで「あのハリウッド女優から豪華なビデオメッセージが届いている」との情報が。マダム・ココらは「さすがにモノマネ芸人とかじゃない?」と疑ってかかっていたのだが、スクリーンに女優のアン・ハサウェイが登場。ナジャ・グランディーバの名前を呼び、「『オーシャンズ8』は大阪の夏を盗むで」と日本語で挨拶した。これにはナジャも感激し「どうせ知り合いの『ハリウッド』ってバーのママが出てくるくらいやと思ったら、こんなんやったら親を呼んで見せたかった」と胸いっぱいな気持ち語った。(関西ウォーカー・桜井賢太郎)

https://news.walkerplus.com/article/157597/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス