下野紘、遊佐浩二がテレビアニメ「不機嫌なモノノケ庵」第2期出演決定で意気込みを語る!

テレビアニメ「不機嫌なモノノケ庵」第2期の追加キャストとして、下野紘と遊佐浩二が参加することが明らかになった。

「不機嫌なモノノケ庵」は、2016年7月から9月までTOKYO MXほかで第1期を放映。「妖怪祓い」を生業とする安倍晴齋と、彼の手伝いをすることになった芦屋花繪のコンビによる、妖怪を巡る日々を描いた物語だ。

今回解禁となった2人は、第2期で重要な役どころを担う隠世(妖怪達が住む世界)の三大権力者(三権神)にあたる「司法」と「行政」の2キャラクターで、司法役を下野紘が、行政役を遊佐浩二が担当する。

主人公の芦屋(CV:梶裕貴)や安倍(CV:前野智昭)を始め、第1期から登場している三権神の立法(CV:諏訪部順一)とどのように絡んでいくのか必見だ。

下野紘、遊佐浩二、そして先日発表となった第2期より監督を務める川崎逸朗が意気込みを語ってくれた。

■ 司法役・下野紘

第2期から「モノノケ庵」に参戦させていただきます、下野紘です。「モノノケ庵」は、独特な言葉が多い上に、司法の個性的な喋り方に色々苦労しております(笑)が、キャラクター的には演じがいがあり楽しいので、司法の魅力をより引き出せるよう頑張りたいと思います。

■ 行政役・遊佐浩二

この度「不機嫌なモノノケ庵」に出演させていただくことになりました。立法、司法と、いい人(?)が多い中、なかなかの立ち位置です(笑)。ただ、行政には行政なりの考えがあってのことですので、どうかひとつ。個人的にはモジャが好きなのですが、声がないので寂しいです。頑張ります。

■ 川崎逸朗監督

ある日突然「こういう作品かあるんですけど、どうですか?」と話を聞かされて、もぞもぞと原作を読んでみると「あーこれ面白いやつだー」というアンテナが立ったので、今回監督として参加させていただくことになりました。

コンテを描いてみると妙に自分にしっくり来る感覚を得て、作業途中から「これなら誰にもコンテ渡さず全話数描きたかった…」という思いがふつふつと沸いたのですが、冷静な現場プロデューサーから「そんなのスケジュール的に無理に決まってるでしょ」というしごく当然な判断がなされたのでございます。それでも、コンテ作業中は自分の癒やしとなり、楽しい時間を過ごすことができました。ありがたや。

それとワザワさんから作品のロケーションイメージの場所が具体的に聞けたので、なぜか3度も1人こっそり取材に行ってきました。ありがたやありがたや。そんな楽しい思い出もすっかり遠くなった現在、アニメ制作はまだまだ続いております。これからが本当の勝負どころです。モノノ怪たちから影で励まされつつ、最後まで頑張るつもりです。

第2期の更なる追加キャラクターやキャスト、その他情報の発表も控えているとの事なので、今後の続報を楽しみに待ちたい。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/157786/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ