『新幹線変形ロボ』に『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』の使徒が合体した強敵が登場

TBS系で放送されているキッズ向けアニメ『新幹線変形ロボ シンカリオン』(毎週土曜7:00~)。8月4日に放送された葛城ミサト(CV:三石琴乃)のナレーションによる次回予告が大きな反響を呼んでいる。8月11日放送の第31話が『エヴァンゲリオン』とのコラボレーション回になっており、そこで、速杉ハヤトと碇シンジの前に立ちはだかる巨大怪物体の正体が発表されのだ。

この作品は、ジェイアール東日本企画、小学館集英社プロダクション、タカラトミーの3社が原案の「実在する新幹線がロボットに変形する」キャラクターコンテンツ。新幹線から変形したロボット“シンカリオン”たちが、日本の平和と安全を守るため、運転士となった子どもたちと共に正体不明の巨大な敵に立ち向かう姿が描かれている。

この第31話では、新幹線「500 TYPE EVA」を目撃し追いかけていたハヤトが、「第三新東京市」にたどり着く。そこに突如現れた巨大怪物体、コードネームは「キングシトエル」。その見た目からも分かる通り、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」に登場するいくつかの使徒が合体した最強の巨大怪物体だ。今までの巨大怪物体とは異なるこの強敵に、ハヤトとシンジは果たしてどのように立ち向かうのか。

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」のどの使徒が合体しているのかにも注目しながら、『シンカリオン』でしか見ることが出来ない「キングシトエル」に期待が高まる。また、次回予告に登場し話題となった綾波レイと惣流・アスカ・ラングレーも本編に特別出演する。声を務めるのは、オリジナルキャストである林原めぐみと宮村優子だ。さらに、次回予告のナレーションを担当した葛城も本編に特別出演。レイ、アスカ、ミサトがどの場面で登場するのかにも注目だ。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス