hitomi、子育ての苦悩を吐露「親になって当たり前のことができない」原因は自身の両親とも

歌手のhitomiが8日に更新したブログで、子育てに関する悩みを吐露している。自分は子育ての常識のようなものに疎く、2人の子供がいる彼女の兄も同様の悩みを抱えているという。そこには多忙だった両親の影響があるのではないか―とhitomiは考えている。

現在、小学生の女の子と3歳と1歳の男の子、3人の母親であるhitomi。下の子は幼いので日々の子育てに忙しいだろうが、3人目ともなれば世間からは“ベテランママ”と見られるだろう。しかし『hitomi オフィシャルブログ「hitomiのLove Life」』では、子育てに関しては“コンプレックスの塊”で悩みは尽きないと綴られている。

hitomiは「親になって当たり前に出来そうなことが、当たり前に出来ない」と悩むことが多く、これには自分が育った家庭環境に要因があると考えているようだ。父親は単身赴任でいつも不在、母親は家庭に収まる人では無かったといい、「子育ての模範となる人がいない」「自分が子どもの頃に(親らしいことを)されてない」ので、些細なトラブルにも立ち往生してしまうのではないかと推測している。

今でも周囲にいるお母さんの子供に対する行動や声がけを観察し、我が子と向き合う姿勢を学んだり改善しているというhitomi。「こんな時、どうしたらいいのだろう」という場面は多々あるが、一歩一歩克服していきたい―とあくまでも前向きである。

(TechinsightJapan編集部 みやび)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ