雷神ソー&ガーディアンズチームのやりとりが最高! 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』6分超の本編映像



世界累計興行収入は20億ドルを突破し、日本でも興行収入37億を超え、観客動員は延べ250万人を突破。2012年に公開した『アベンジャーズ』を抜いて、”マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)”史上1位の記録を更新した『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』。9月5日(水)にMovieNEX発売、デジタル配信中です。

8月8日からのデジタル配信スタートを記念して、本編から6分を超えるプレビュー映像が解禁! 無料で楽しめるこの映像は、「アベンジャーズ」シリーズに初登場したガーディアンズ・オブ・ギャラクシーのメンバーと、アベンジャーズのメンバーであるソーが、偶然宇宙で初対面を果たし、タッグを組むシーン。

【動画】雷神ソー×ガーディアンズチームが初タッグ! 『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』本編映像

https://www.youtube.com/watch?v=RqMeAqukX2s



サノスに宇宙船を襲われて弟のロキを失い、精神的にも肉体的にも傷を負った雷神ソーは、銀河一”ヤバい”落ちこぼれチーム、ガーディアンズの宇宙船に拾われます。ソーは、マンティスの頭に生えた触覚による特殊能力によって起こされ、「お前たち 何者だ?」と警戒するが、同じ敵サノスを追っていることがわかり、打ち解けていきます。インフィニティ・ストーンを集めるサノスを止めるために、ガーディアンズたちは二手にわかれて行動することに…。果たしてサノスに立ち向かう彼らの運命は?



この映像の見どころは、シリアスな展開と、ガーディアンズたちが繰り広げる独特でコミカルな掛け合いのギャップ! サノスの養女ガモーラによってサノスの野望が明かされるほか、ソーがインフィニティ・ストーンについて説明するなど、本作でとても重要になる要素が語られる一方で、ドラックスやロケットによるユーモア溢れるやり取りはユーモア満載。特に、ソーとガモーラの会話にやきもちをやいたスター・ロードが、ソーのモノマネをするシーンは爆笑必至です!



9月5日(水) 発売

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー MovieNEX』/4,200円+税

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 4K UHD MovieNEX』/8,000円+税

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 4K UHD MovieNEX プレミアムBOX(数量限定)』/10,000円+税

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 4K UHD ムービー・コレクション(初回限定)』/14,000円+税

デジタル配信開始中!

(C)2018 MARVEL

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

あなたにおすすめ