「6日の長崎! 9日の広島!」 蓮舫議員の過去の言い間違い動画が拡散され『Twitter』に批判殺到



1945年の8月6日広島に、8月9日長崎に原子爆弾が投下された。

立憲民主党の蓮舫参議院議員は、かつて

「6日の長崎!9日の広島!」

と言い間違ってしまったことがあるのだが、その動画がここ数日でSNS等で拡散され蓮舫議員の『Twitter』アカウント(@renho_sha) に批判が殺到している模様である。

とめよう!戦争法、集まろう!国会へ!7・26国会包囲行動で蓮舫代表代行があいさつ 2015年7月26日

https://www.youtube.com/watch?v=Ev8b60BnC9s[リンク]

8月9日朝には


今日は長崎原爆の日、投下から73年です。私の夫は長崎出身で、曽祖母から原爆の体験を聞いて育ったと聞きます。平和を希求する日だと心から思います。

「二度とと戦争のない世の中を」
この声の重みを次世代に紡いでいかないといけません。


と、長崎原爆の日の関連記事URLを貼ってツイートを行っているのだが、こちらに

「今日は広島原爆の日と声高々にあげてましたよね 二度と戦争のない世の中を訴えるなら、中国のWeiboに呟いて下さい」

「あんた9日は広島言うてたやんか?」

「長崎は6日じゃなかったのか? 」

といった返信が寄せられる。

また、2016年にはTBSのバラエティ番組「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」にて、蓮舫議員の家庭が紹介された際に夫である村田信之さんの家庭での順列が「ペット以下の存在」だと放送されたことから

「テレビで旦那を家庭での順位が最下位的な箏を言っていたのを見て本当に嫌いになりました。」

「今回は間違えなかったですね。ちなみに旦那さんを全国ネットで誹謗中傷していましたが、それが家庭内の平和に繋がるのでしょうか。」

「なるほど…夫が家庭内序列下位なのは家庭内平和の希求を望む姿の果てなのかもしれませんねw 」

といった返信も寄せられていた。

※画像は『Twitter』より

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ