今夜『グッド・ドクター』、湊の病院に天才ボーイソプラノ歌手が入院

 山崎賢人が主演を務め、藤木直人らが出演するドラマ『グッド・ドクター』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第5話が今夜放送される。第5話では、天才ボーイソプラノ歌手が喉の不調を訴え、湊の勤務する病院へとやってくる。

【写真】『グッド・ドクター』第5話フォトギャラリー

東郷記念病院の大部屋では、湊(山崎)や、橋口太郎(浜野謙太)たちが患者の子どもたちとテレビを食い入るように見ていた。番組では天才ボーイソプラノ歌手・羽山響(城桧吏)が素晴らしい歌声を披露していた。特に患者の武智倫太朗(斎藤汰鷹)は響の大ファン。そして、倫太朗たちは院内で行われるお楽しみ会で合唱を披露することになっていた。

その響が喉の不調を訴え、父の徹郎(三浦誠己)に伴われて病院にやってくる。瀬戸夏美(上野樹里)が診察すると、響は喉に酷い炎症を起こしていることが分かった。カンファレンス室で響の造影CT結果を見ながら意見を交わす医師たち。すると高山誠司(藤木直人)が湊に所見を求めた。湊は画像から下咽頭梨状窩瘻と判断。高山が正解だと告げると喜ぶ湊。しかし、夏美は高山が湊を画像診断科に転科させると言っていたことが気になっていた。

響には早急な手術が必要だったが喉の手術のため、術後に高音が出なくなることが懸念される。夏美の説明に徹郎は、歌手である響にそんなリスクのある手術は受けさせられないと反発。

ともかく入院することになった響。それを知った倫太朗たちは大喜びする。湊は倫太朗たちと響の個室に行くが、響は倫太朗たちに冷たい態度をとっていた。また、湊が響を倫太朗たちの合唱に誘おうとしたと知った徹郎の怒りも買ってしまう。その後、さらに響の早急な手術を求めた湊は徹郎とぶつかってしまい、高山から転科を直接求められることになるが…。

『グッド・ドクター』第5話は、フジテレビ系にて今夜8月9日22時放送。

あなたにおすすめ