田園都市線にて「転落検知支援システム」が運用開始

20180808nden
Image: 東急電鉄/PR Times

学生時代は毎日使っていました。

東京近郊の私鉄の中でも、特に混雑が激しい田園都市線。そんな田園都市線にて、駅構内カメラを利用した「転落検知支援システム」の運用が鷺沼駅にて開始されています。

転落を検出して、画像とともにアラーム


このシステムではパナソニックの画像解析技術を利用し、撮影画像内から転落した人物、あるいは転落しそうな人物を自動的に検出。そして駅務室などの専用端末に検知映像を転送し、アラームも発報してくれるというのです。

なおリリースによれば、これまでも転落しそうな人物を検知するシステムは存在していたそう。しかし今回のシステムでは実際の状況を画像で確認できるため、駅員さんが迅速に正しい対応を取れるという点で改善されています。

鷺沼駅以外への展開については現時点では発表されていませんが、田園都市線は特に駅構内が混み合いやすい路線ですし、今後もさらにシステムの採用例が増えるといいですね。

Source: PR Times

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ