ドレイク、グローバル・ストリーミング再生回数が500億回を突破した初のアーティストに

Billboard JAPAN

2018/8/9 11:15



2018年8月8日、ドレイクが史上初めてグローバル・ストリーミング再生回数が500億回を突破したアーティストになったと所属レコード会社が発表した。

2018年6月28日にリリースされた『スコーピオン』は、発売初週でグローバル再生回数が10億回を超え、1週間で10億回をマークした初のアルバムとなった。SpotifyとApple Musicでも1日の再生回数の記録を更新しており、現時点で2018年で最も1週間で売れたアルバムとなっている(70万ユニット)。

『スコーピオン』は現在も米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”の1位を5週連続で独走中で、アルバム収録曲の「イン・マイ・フィーリングズ」もソング・チャート“Hot 100”で4週連続1位を獲得している。

また、米ビルボードの“Billboard Artist 100”チャートでも1位に5週連続で君臨しているドレイクは、テイラー・スウィフトが保持する最多1位記録も更新しそうな勢いだ。

ドレイクは8月2日に「イン・マイ・フィーリングズ」のミュージック・ビデオを公開したが、この楽曲が全米1位となる原動力となったダンス・チャレンジの参加者たちを最後にシャウトアウトしているユーモラスな内容となっている。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス