マツコ・デラックス「悪口を言うために口がある」発言にネット炎上

まいじつ

2018/8/9 11:00

有吉弘行 マツコ・デラックス
(C)まいじつ

8月8日に『マツコ・有吉のかりそめ天国』(テレビ朝日系)が放送された。人の悪口を言うことに対する是非についてマツコ・デラックス有吉弘行が議論し、「悪口を言う人は人間らしい」などと悪口を事実上「肯定」した。視聴者は表だって悪口を言うことに対し賛否両論が沸き起こった。

番組では、投稿者からの「人の悪口を言わない人が信用できない」というメールが紹介された。投稿者は「人の悪口を言うことは重要なこと」と説き、「かたくなに人の悪口を言わない人とはコミュニケーションが取りづらいな、と思う」と意見。2人に同意を求めた。

有吉は「われわれは悪口を言わないと生きていけない人間」、マツコは「人間は絶対に悪口を言う生き物」と投稿者に同調した。

有吉は「ちょっとでも悪いことをしたら叩かれる。みんなネットは人の悪口ばっかり言ってる」とすると、マツコは「それが人間の本性」と同調した。マツコは「人間の本性がネットには見えている。ネットは人間っぽい。ガス抜きになる。よくできた機能」と続けた。SNSに悪口を書き込む行為を肯定的に捉え、「悪口を言うために口がある」と締めた。

2人の「悪口論」に「自分を正当化したいだけ」と批判も


歯に衣着せぬ発言で知られる有吉とマツコの「悪口論」に対し、ネットでは賛否両論が見られた。

マツコの「悪口を言うために口がある」発言については

《マツコいいこと言うな》
《マツコの名言が来た》

と絶賛する声が集まった一方、反論もあった。

《悪口言う言わないで信用を図るって器ちっさい》
《悪口を言わない人間が理解できないからといって好き勝手に言いすぎ》
《悪口言わない人を信用できないのは自分を正当化したいだけでは?単に悪口を口に出すのが苦手なだけかもしれんし》

視聴者はこのように投稿。悪口を言うか、言わないかで人間性を判断する行為を否定的に捉える声もあった。

視聴者の反応に関係なく、マツコ、有吉は人の悪口を言い続けるのだろう。

あなたにおすすめ