えぇぇぇ…。アルコール殺菌が効きにくい細菌が現れ始めてる

20180808-alcohol-resisitant-superbugs-are-on-the-rise-01
Image: Arno Masse/Getty Images

細菌たち、知らぬ間に着々と進化し強さを増しているんです。

Science Translation Medicine誌で発表された研究によると、少なくともいくつかの病院でアルコール系の殺菌剤から身をかわす菌が出始めているんだとか。

オーストラリアを拠点とする研究者たちは、この心配になるパラドックスを解明しようと研究を始めました。

アルコール除菌の効果はあったけど…


遡ること2002年、オーストラリアの病院で働く医師たちに手を消毒するためのアルコール系殺菌ローションが紹介され、多くの医師たちが使用するようになりました。これは今ではほとんどの病院で当たり前の光景になっていますよね。

導入から3年、病院内の特定の細菌、たとえばメチシリンに耐性がある黄色ブドウ球菌(MRSA)のように、抗生物質が効きずらい菌の院内感染率が下がっていることが分かったんです。

そこまでは良かったのですが…。

逆に、アルコール除菌を導入してから他の薬剤耐性感染率、特に腸球菌の感染が増えていることに医師たちが気づきました。

2010年あたりから耐性菌が出現


なぜこのようなことが起きているのか?原因を探るべく彼らはアルコール除菌を導入する前の1997年から2015年までの間に、オーストラリアの病院で採取された腸球菌のサンプルを比較しました。

方法は、23パーセントのイソプロピルアルコールから作られた消毒液に、各年のサンプルを浸すというもの。その結果、2010年以降のバクテリアは、アルコールのお風呂の中でも生き残る率が顕著に高くなっていることを発見。その強さは平均して約10倍ぐらいの抵抗力!

油断したのはアルコールが優秀だったから


そもそも、アルコールがどうやってバクテリアを殺しているかというと、アルコールはバクテリアの細胞膜に様々な方法で乱すことで、爆発させるんです。抗生物質がバクテリアを殺す方法とはまったく違ううえに素早いので、そう簡単にはバクテリアがアルコールに適応出来ないと考えられていました。

油断していたんですね…。

被害が出始めていることが判明


現在の研究においてアルコール耐性の遺伝子突然変異がおきていると分かっているのは腸球菌ですが、あと何種類の菌が殺菌に対して独自の耐久力を身に着けいているのか?はハッキリしていません。

世界的に見ると腸球菌感染症は、しばしば致命的な敗血症を引き起こす院内感染の約10パーセントを引き起こしていますが、オーストラリアでは、これらの感染症の三分の一は薬剤耐性の腸球菌に起因しているそうです。

でもアルコール除菌を続けるべき?


ただ、研究者たちは今回の調査結果はまだ決定的ではなく、世界中の病院でもっと研究されるべきだしています。たとえアルコールに適応しているバクテリアが存在していても、医療の現場でアルコール除菌は多くの菌やウイルス病原体に対しての一時防御として重要であり続けるとし、アルコール殺菌剤の価値を否定してはいけないと慎重に指摘しています。

正しいアルコール除菌のやり方を心がけて欲しい


また、医療の専門家たちが殺菌剤を適切に使用する努力をすることを忘れてはいけないとも。

たとえば、希釈された殺菌剤なら菌は耐えられてしまう可能性が高まります。また、医師たちはアルコール殺菌剤をつけた後、十分に手をこすっているか?そもそも使用しているアルコール除菌液のクオリティは高いものか?などなどの気をつけるべき点をあげました。

ちなみに、泡タイプやジェルタイプのものは、典型的な液体のものより効果的ではないかも、とのこと。

日本も気をつけよう!


今回の研究は、主にアルコール除菌先進国のオーストラリアでの事例ですが、除菌や抗菌に特に敏感な日本人にとっては戦々恐々ものなニュースなはず!そこで、研究者からアルコール除菌を使用する際のポイントを2つ。

1. アルコール除菌液はたっぷり使う!

2. 完全に乾燥するまで手を擦り合わせること!

だそうです。なぁんだ、もう実践してるよって感じかな?

Source: Science Translational Medicine

あなたにおすすめ