磯村勇斗、高校生脚本でドラマ初主演「丁寧に演じていきたい」


俳優の磯村勇斗が、CS・フジテレビTWOのドラマ『キミの墓石を建てに行こう。』(10月28日19:30~20:30)で、テレビドラマ初主演を務めることが決まった。

このドラマは、フジテレビが主催する高校生を対象としたコンテスト「第5回ドラマ甲子園」で、19歳の宮嵜瑛太さんが大賞を受賞した作品。宮嵜さんは、撮影の監督も担当する。磯村は、無気力だった自分に活力を与えてくれた少女・梨花の願いを叶えようと動き出す主人公の青年・片瀬奏を演じる。

磯村は「10代という若さあふれる監督さんと一緒に作品作りができる機会はとても貴重なので、監督の宮嵜さんはじめ、キャスト、スタッフさんとコミュケーションを取りながら、初めて監督をする、宮嵜さんの思いを大切にしたい。そして、作品の内容も、繊細で、印象的なセリフが多いので、大事に、丁寧に片瀬を演じていきたいです」と意気込みを語る。

さらに、梨花を慕う後輩で、片瀬と梨花の関係を快く思っていない石川奈々を白石聖、その梨花を志田未来が演じることも決定。

白石は「私自身経験がまだ浅いですが、10代最後の撮影にもなるので、キャストの皆さん、そして監督やスタッフさんと共に大切に向き合いながら臨みたいと思います」、志田は「若き才能あふれる宮嵜監督との撮影も今から楽しみです。ひとつひとつのセリフを大切に演じていきたいです」と、それぞれコメントしている。

同作の撮影のメイキングは、フジテレビTWOで、9月6日(17:30~18:00)に放送される(リピート放送あり)。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス