昔の写真を公開して絶賛された芸能人4人! 葵わかな、板野友美…「高校時代もとてつもない美人」

TOCANA

2018/8/9 08:00


 芸能人になるとどんどん垢抜けていき、美人になるタレントが多い。しかし、子どもの頃から別格の輝きを誇っていた女性ももちろんいる。

●矢田亜希子

7月18日、矢田亜希子(39)が自身のブログで昔の写真を公開。成人式の写真や高校生の頃の写真、さらに4歳や2歳の頃といった芸能界入り前の写真を掲載した。するとネット上では「赤ちゃんの頃からおめめぱっちりでかわいい!」「赤ちゃんの頃からこんなに可愛かったんだね~」「高校生の頃はもうヤバいな。とんでもなく美人だ」といった声が上がることに。

今回は矢田のように、昔の写真を公開して絶賛された芸能人を紹介しよう。

葵わかな

まずは葵わかな(20)。2017年度下半期の連続テレビ小説『わろてんか』(NHK)でヒロインを務め、ドラマ後半では孫を持つほど年老いた白髪交じりの姿も披露した。そんな彼女だが、小学生の頃に初めて原宿へ行った際、なんと7社ほどの芸能事務所から声をかけられたと明かしている。

5月16日、葵はスカウトされた頃だという10歳当時の写真をSNSに投稿。「5月16日 ふつうの日だけど私にとってはちょっと特別な日です 私がこの世界に出会った日。ちょうど10年前の今日、原宿で笑」とコメントを添えて数枚の写真をアップすると、ファンからは「昔から可愛いかったんだね」「ガッツリと面影残ってる! 順調に大人っぽくなっていった感じ」「こんな健気な少女が女優さんになるとは」といった絶賛の声が相次いだ。

●板野友美

続いては元AKB48の板野友美(27)。2005年にAKB48のオープニングメンバーオーディションに合格し、人気メンバーとしてグループの黄金期を支えた。しかし脚光を浴びだしてからは、定期的に顔面の変貌っぷりが話題になったことも。しかし板野は、AKB48としてデビューする前からかなりの美貌を持っていたようだ。

3月25日に板野は、自身のインスタグラムに「棚整理してたらアルバムに懐かしい写真出てきた AKBのデビュー前のレッスン時の写真だから14歳の頃かな、、、」と綴りながら写真を投稿。今と変わらないほど綺麗なルックスに、「元々こんなに可愛かったのか」「整形疑惑が払しょくされたな」「小さい頃からずっと可愛さは変わらないんだね」といった驚き交じりの声が飛び交った。

●尼神インター誠子

最後は尼神インターの誠子(29)。ブサイクキャラとしてイジられ、先輩芸人であるほんこんと激似とも評される誠子だが子どもの頃は可愛かったらしい。7月5日に自身のインスタグラムで2歳の頃の写真をアップすると、フォロワーから「めちゃくちゃ可愛い!」「アイドル並みに可愛いですね」「メスほんこん要素が全然ない」「成長過程で何があったんだ…」「この子がほんこんさんになるなんて」といった驚きの声が。

また、5月18日放送の『金曜☆ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)では12歳の頃の写真を公開。この時も「一瞬、宮崎あおいに見えました」「安藤サクラさんに似てる」「美少女だったんですね。新垣結衣さんにも似てます!」と称賛の声が寄せられていた。芸能人は素人時代から異質な輝きを放っているのかもしれない。

(文=ヤーコン大助)

※画像は、葵わかな 公式インスタグラムより引用

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ