<半分、青い。>鈴愛の娘“カンちゃん”が視聴者魅了!「癒やされる!!」「いじらしい…」応援の声集まる

ヒロイン・楡野鈴愛(永野芽郁)の岐阜・梟町での新生活がスタートした連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。鈴愛は目下、働き口を探して四苦八苦中だが、そんな中、物語に癒やしを与える鈴愛の愛娘・カンちゃんこと花野(山崎莉里那)の人気が上昇、応援の声が集まっている。両親の離婚と岐阜への引っ越し…花野が送った激動の日々を振り返る。(以下、ネタバレが含まれます)

■ 大人顔負けの”励ましの言葉”

鈴愛と涼次(間宮祥太郎)の間に生まれた花野は第104回(7月31日放送)、涼次が鈴愛に離婚を切り出したその日に5歳の誕生日を迎えた。劇中2007年12月23日のことだ。

花野はどんなときも笑顔を絶やさない。第105回(8月1日放送)、口論する鈴愛と涼次の間に割って入り、「パパはカンちゃん捨てないよ?」と二人の手を取って「はい、仲直り」と笑顔を見せた。不穏なものを感じていたに違いないのに、その夜涼次から「カンちゃん、お誕生日おめでとう」とキツネのぬいぐるみを渡されると「わぁ、キツネかわいい!パパ、もうカンちゃん5歳のおねえちゃんだから、もう高い高いはしません!」とはしゃいで見せた。

涼次が家を出て行った後、泣き暮らす母・鈴愛の前でも常に笑顔の花野。鈴愛の「カンちゃんどうしよう。パパ帰ってこない…」という泣き言には「今日はダメかもしれないけど、あしたかあさってにはかえってくる」と大人顔負けの励ましを送り、涙を流す鈴愛に「ママ!やっぱりな、また泣いてると思った」と折り紙のスズメを手渡した。

■ 「なんていい子なの」ファン感涙

別れを決意した鈴愛を誰よりも力強く応援し、支えたのも花野だ。

東京でお世話になった人々との別れのシーンを描いた第108回(8月4日放送)では、光江(キムラ緑子)に「みぃばあばのこと忘れんといて」と抱きしめられ、「うん!カンちゃんのこともお忘れなく!」、大納言の田辺店長(島田久作)にも「景気づけに夜行バスじゃなくて新幹線で帰ります!カンちゃんはアイスクリーム買ってもらって、ママはシャンパン飲みながら帰るの」と鈴愛に言われたであろう言葉を口にして、明るくふるまった。

小さな腕をいっぱいに広げて母を抱きしめ、周囲に心配をかけまいとする花野に、視聴者からは「なんていい子なの…泣」「笑顔に本当に癒やされる!!」「カンちゃんがかわいくて、もうそれだけが救い」「いじらしい。務めて明るくしてる。つらい」といった声が上がっていた。

■ ふと出た本心「ママはかわいそうなの」

そして梟町での生活が始まった。

家族の誰にも離婚を告げずに出戻った鈴愛に、楡野家は大騒ぎに。花野は、「どういうことや?」と気色ばむ鈴愛の父・宇太郎(滝藤賢一)や母・晴(松雪泰子)らから鈴愛をかばい、「あのね、ママはパパにフラれたの。ママを怒らないで。ママはかわいそうなの。ママはパパに捨てられて、毎日泣いて、かわいそうなの」と懇願した。明るく無邪気にふるまっていたカンちゃん。でも本当は全部知っていて、「捨てる」という言葉の意味も理解していたんだ――それが垣間見えた一幕だった。

■ 「いつか爆発しそう」心配の声も…

8日に放送された第111回では、「パパに会いたないんか(会いたくないのか)」という仙吉(中村雅俊)の問いかけに、

「むぅばあば(麦、麻生祐未)が教えてくれた。鳥たちは自由に飛んで、どこでもおうち。パパもカンちゃんもこのひとつの地球の上に住んでます。みいんな一緒。大きなおうち。だから全然淋しくないんだよ」

とスケールの大きなことを言い、「カンちゃんが『パパ』って思うと必ずパパが『なあに、カンちゃん』って思うって約束したもん」とパパとの心のつながりを無邪気に訴えた。寝る時はいつも、パパにもらったキツネのぬいぐるみが一緒だ。

5歳にして両親の離婚とその理由という重たい現実をすべて抱える花野。視聴者の間では、そのいじらしさに感動する声に混じって「カンちゃんに負担を負わせすぎな気がする」「我慢しすぎていつか爆発しそう」といった心配の声も…。

たった一人の父親と花野がどんな言葉を交わして別れたのか、ドラマで直接には描かれていない。健気でものわかりのよい花野の強さと賢さは十分伝わった。今度はいつの日か、父との別れを誰かの言葉でなく自分で理解して乗り越える、そんな花野を見たい。(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/157836/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス