指原莉乃『ゲキタイレンジャー』ロケに難色「お蔵入りになったら嫌…」

8月10日(金)放送の金曜プレミアム『ゲキタイレンジャー2~凶暴害獣vs職人の技~【サメ・イノシシ】』(フジテレビ系、19:57~21:49)の収録がこのほど都内で行われ、MCを務めるオードリー(若林正恭、春日俊彰)と指原莉乃が取材に応じた。

害獣問題を抱える町に選ばれた職人のスペシャリスト“ゲキタイレンジャー”を派遣し、町を救出しようと奮闘する姿を撮影、3人がそれについてスタジオでコメントする超社会派バラエティ。今回、第2弾の放送となるが、3人そろって完成度の高い内容になったと満足げ。春日は「フジテレビも覚悟を決めた。腹を固めたんだなって思った」と満面の笑みを浮かべてその出来栄えを絶賛した。

第1弾は物足りなさを感じていたという春日だが、「(今回は)予想を超えてきましたね」と感服。「第2弾があると聞いてほんまかって。そんなにフジテレビは困っているのかって思ったんです。動物相手だし今回も厳しいなと思っていたら、結果、これはすごかった」と満面の笑みを浮かべた。「長いことテレビの世界で生きてきて、第一線でやっていますけど、演じる部分がないというか、見入ってしまいました。見たことのない映像ばかりでした。3人の絡みも手応えありました」と太鼓判を押した。

指原も「見ていて、本当に笑って泣いたりしたんですよ。それくらい面白いんですよ」と嬉しそうにコメント。「息つく暇のない2時間という感じで映像の衝撃度もすごい。今、ネットとかで過激なことに挑戦していますっていうような番組がありますけど、それにも負けないような内容だと思いました」と春日に同意。若林も「名シーン満載。今回は手応えありました」と振り返った。

3人が今後実際にロケにも出る可能性について質問されると、指原は「現場に出るのも楽しそうだなって」と乗り気なそぶりは見せつつ、「でもお蔵入りになっているロケも多そうだし、お蔵入りになったら嫌なので止めておきます」と撤回。若林も「ロケは怖いでしょうね。嫌いではないけど、自分がやると地味になっちゃいそうで」と及び腰だったが、ここでも春日はやる気満々。「ロケはわたしも行ってみたい。緊迫感を味わってみたい。イノシシとか野犬とかこの手で捕まえてみたい」とやる気をみせていた。

あなたにおすすめ