手島優、寝顔盗撮事件の慰謝料“5万円”に不満顔

日刊大衆

2018/8/9 06:00


 8月5日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に、グラビアアイドルの手島優(35)が出演。寝顔を勝手に生配信された事件について、番組の弁護士軍団に相談した。

この日の番組後半、アシスタントの徳島えりかアナウンサー(29)が、“ある芸能人に実際に起こったトラブル”として、手島優の事件が取り上げられた。手島は中学の卒業写真を勝手に公開されてから整形疑惑がささやかれているが、最近、それよりもひどい事件があったと言い、VTRで登場した手島は「とうとうここまで来たなと思いました」「怖い!」と、その事件について語り始めた。

それは今年のゴールデンウィークのこと。仕事で長野から東京へ新幹線で移動中、手島優はロケの疲れで眠ってしまった。しばらくすると、「ヤバい、起きるって」「大丈夫だよ」という若い男たちの会話が聞こえ、目が覚めた手島が薄目を開けたところ、なんと寝顔をスマホで盗撮されていたのだ。さらに、そのスマホ画面を見てみると、その動画はSNSで生配信されていた。

この事件に対し、北村晴男弁護士(62)は30万円、菊地幸夫弁護士(61)は5万円、本村健太郎弁護士(51)は10万円という慰謝料の金額を提示した。そして、北村弁護士は「無断で撮影するだけでも肖像権侵害。一般人でも芸能人でも違法」と説明した。また、菊地弁護士は「タレントの格によって金額が変わり、手島は(低めで)5万円」と金額の根拠を解説し、格が低いと遠回しに言われた手島優は「芸歴長いんですけど」と、不満そうな顔を見せた。さらに本村弁護士は「刑事事件になった例もあり違法性は高いが、慰謝料の金額でいうと日本の裁判所は渋い。正直、手島さんで30万円取れる自信はない」と言うと、出演者たちから笑いが起きていた。

その後、MCを務めるフットボールアワーの後藤輝基(44)に「誰に依頼する?」と問われた手島優は、もっとも高額な慰謝料を提示した北村弁護士を指名。すると、指名されなかった本村弁護士が「来てよ、来てよ! まかせてよ!」と、客を呼び込むようなジェスチャーで猛アピールし、後藤から「おまえ、客引きやん!」とツッコまれていた。

「手島優は自身の整形疑惑を否定するため“本当にブスなんですよ、メイクで変えてます”と自虐的に語るなどのぶっちゃけキャラですが、今回はさすがに、“盗撮どころか配信なんてヒドい”、“寝顔なんて、すっぴん撮られるのより怖いわ”など、同情のコメントがネット上で寄せられていましたね。今回の件は悪質なので、法的手段に訴えたほうがいいと思いますよ」(芸能誌記者)――5万円じゃ、納得いかない!?

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス