次はサードチャンスでしょ!ダルビッシュ有、清原氏へのエールに総ツッコミ!

アサ芸プラス

2018/8/9 05:58


「好きな人」であることはわかるが、世間の認識とはやはり温度差があるようだ。

カブスのダルビッシュ有が、8月1日に自身のブログを更新。2016年に法律違反の薬物についての取締法違反で有罪判決を受けた元プロ野球選手の清原和博氏の復帰を後押しするような内容を綴り、エールを送っている。ダルビッシュは「大好きな人」というタイトルで更新した記事で、家族はもちろん、清原氏も大好きな人の1人と紹介。そのうえで、去る7月27日に発売されたばかりの清原氏の著書「告白」を早くも読破したことを報告し、〈素直で弱音も吐きながら自分の過去を話していて人間らしさが見れてすごく良かったです!〉と、感想を綴っている。

最後には〈自分にとっては特別な人です〉と改めて伝えたうえで、〈さぁ皆で清原さんのセカンドチャンス、応援しましょうよ! 甘いとか自業自得とか聞くけど、そんな理由で人の人生を消してもいいのでしょうか?〉〈自分は誰がなんと言おうが応援していきます!〉と、清原氏にエールを送っている。

しかし、大好きな人を応援してあげたいという気持ちもわからないでもないが、散々やらかした清原氏に対して世間の人々はダルビッシュと同じ熱量で好意を抱いているはずもなく、「セカンドチャンスって…次がサードチャンスぐらいでしょ」「元プロ選手たちも全員が野球解説者になれるわけでもないからこそ、真面目にやってきた人たちにチャンスをあげてほしい」「別に業界人として復帰する必要はないでしょ。肉体を活かした引っ越し業者なら即採用じゃないか」など、厳しい意見が集まっている。

「薬物疑惑が浮上していながらもとんねるずダウンタウンの番組に久々に出演した際、それぞれから『大丈夫なの?』と確認され、大丈夫と返答していながらも、それを裏切る結果になったことで完全に業界から干されてしまった清原氏。清原氏を贔屓目に見ていた業界人たちも離れていく現状ですから、よほど清原氏のことを好きな人でなければ応援はできないでしょう。業界復帰はやはり難しいでしょうが、マジメに生きていけば平凡な暮らしは取り戻せるでしょうし、そういった暮らしの方がふたたび悪事に手を染める可能性は少なくなるでしょうから、本人のためを考えてもその方がいいかもしれませんね」(エンタメ誌ライター)

もし、ダルビッシュが清原氏にかつてのような豪勢な生活を取り戻させてあげたいと思っているのであれば、ダルビッシュ自身が何かの形で雇ってあげるのが一番早いのでは?

(田中康)

あなたにおすすめ