吉田羊、有村架純主演ドラマ『中学聖日記』で帰国子女のバイセクシャル役に決定

吉田羊が、10月期の火曜ドラマ『中学聖日記』(TBS系)で、帰国子女のバリキャリ毒舌系女子で、バイセクシャルの役を演じることがわかった。

有村架純が主演する『中学聖日記』は、女性向け漫画誌『FEEL YOUNG』(祥伝社)で連載中のかわかみじゅんこの同名漫画を実写ドラマ化。片田舎の中学校を舞台に、自分を大切に想ってくれる年上の婚約者・川合勝太郎(町田啓太)がいながらも、勤務先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生・晶に心惹かれていく女教師・末永聖の“禁断の恋”を描いたヒューマンラブストーリー。

吉田は、勝太郎の会社の先輩であり、後に勝太郎に惹かれていく“孤高のバリキャリ女子”・原口律役を演じる。「意味のない飲み会には参加しない(そのヒマあったら仕事しろ)」という主義で、バイセクシャルで女性との恋愛もある、という役どころ。誰にも流されない確固たる独自の人生論と価値観を持ち、仕事も恋も狙った獲物は逃さない孤高の肉食系だ。勝太郎から聖との恋愛相談を受ける度に、鋭い一言を吐いては勝太郎を不安にさせたり救ったり、勝太郎の良き理解者であり、良い意味でも悪い意味でも勝太郎に影響を与える人物。いつしか勝太郎に惹かれている自分に気づき、ガンガンアプローチをし始め……。

今年映画単独初主演も果たし出演作品が後を絶たない人気女優の吉田が、肉食系の女性をどんなアプローチで表現するのか期待が高まる。新井順子プロデューサーは、「勝太郎の上司・原口律は、実はバイセクシャル。聖や勝太郎と三角関係に発展する予感もあり、大人の恋模様にも注目です」と明かしている。

ほかにも、聖の婚約者役を演じる町田をはじめ、夏川結衣、夏木マリ、友近、マキタスポーツといった実力派が勢ぞろい。主人公・聖を取り巻く個性的なキャラクターたちが、“禁断の恋”を軸に複雑に絡み合う人間模様を紡ぎ、心揺さぶる人間ドラマを作り上げていく。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ