町田啓太、有村架純の婚約者役で出演『中学聖日記』太陽のような人を目指す

町田啓太が、10月期の火曜ドラマ『中学聖日記』(TBS系)で、有村架純演じる主人公・末永聖(すえながひじり)の婚約者役に決定。加えて、吉田羊、夏川結衣、マキタスポーツ、夏木マリ、友近が出演することがわかった。

『中学聖日記』は、女性向け漫画誌『FEEL YOUNG』(祥伝社)で連載中のかわかみじゅんこの同名漫画を実写ドラマ化。片田舎の中学校を舞台に、自分を大切に想ってくれる年上の婚約者がいながらも、勤務先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生・晶(あきら)に心惹かれていく女教師・聖の“禁断の恋”を描いたヒューマンラブストーリー。

町田が演じる川合勝太郎(かわいしょうたろう)は、聖の大学時代からの恋人で、誰からも好かれるバリバリのエリート商社マンという“大人の男”。不思議な魅力を持つ中学生・晶と対比して描かれる。遠距離恋愛中の聖へのプロポーズが成功し幸せの絶頂の中……予想外の出来事に惑わされる勝太郎の複雑な心情を、町田がどう演じるのか注目だ。

原作を読んだ町田は、「優しくて綺麗な描写に引き込まれながら読ませていただきました。これが『好き』っていう気持ちなんだと初めて気付いたときのなんとも言えない高揚感、好きをどう相手に伝えたらいいのかヤキモキしていた小さい頃を思い出しました。好きになる気持ちに年齢は関係ないとよく聞くけれど、本当にそうなのか、その一つの答えがこの原作にはあると感じました」とコメント。また、「純粋過ぎるほどのラブストーリーに参加できて本当に光栄です。中学・高校生の頃、ラブストーリーのドラマをたくさん観て育ったこともあって、憧れを抱いていた作風に挑戦できることにワクワクしています。原作の雰囲気を大切にしながら、人を好きになることの素敵さを観てくださる皆様と一緒に感じていけるように真心を持って励んでいきます」と意気込みを述べた。

自身が演じる役どころについて、「勝太郎はポジティブな自信家。婚約者が中学生の教え子に心惹かれていくという夢にも思わなかった事態に、そんな彼がどう向き合っていくのか体現できるのが今から楽しみでなりません。プロデューサーや監督からは太陽のような人でいてほしいと仰っていただきました。僕の中にあるとても小さな太陽を少しでも強く輝かせて、役に寄り添いながら、素直に出てきた感情を大切にして演じていきたいと思います。有村架純さんをはじめ、共演が初めての方々ばかりですが、たくさんコミュニケーションをとらせていただきながら作品づくりに集中して取り組んでいきたいと思います」とアピールした。

共演の吉田は、勝太郎の会社の先輩であり、後に勝太郎に惹かれていく“孤高のバリキャリ女子”・原口律役を演じる。帰国子女でバイセクシャルという難しい役どころで聖や勝太郎を翻弄していく。そして夏川は、“禁断の初恋”に落ちてしまった息子・晶を案じるシングルマザー・黒岩愛子役を演じ、息子を想う母親の目線で、物語にさらに深みをもたせる。

このほか、聖が勤める子星中学校で新米教師の聖を厳しい目で指導する教頭・塩谷三千代(通称:塩バァ)役に夏木マリ、ドラマオリジナルのキャラクターで聖のよき相談相手でもある小学校教師・丹羽千鶴役に友近、夏川演じる愛子が営むアジア雑貨輸入販売会社の部下で公私共に信頼をおく上布茂役にマキタスポーツといった実力派が勢ぞろい。主人公・聖を取り巻く個性的なキャラクターたちが、“禁断の恋”を軸に複雑に絡み合う人間模様を紡ぎ、心揺さぶる人間ドラマを作り上げていく。

あなたにおすすめ