有村架純主演『中学聖日記』、共演キャストに町田啓太&吉田羊

 女優の有村架純が主演する10月期新ドラマ『中学聖日記』(TBS系/毎週火曜22時)で、ヒロインの婚約者役を町田啓太が演じることが分かった。併せて物語を彩る共演者として、吉田羊、夏川結衣、夏木マリ、友近、マキタスポーツら実力派キャストの出演も発表された。

【写真】『中学聖日記』新キャストフォトギャラリー

本作は、かわかみじゅんこが「FEEL YOUNG」(祥伝社)に連載中の同名コミックが原作。自分を大切に想ってくれる年上の婚約者がいながらも、勤務先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生・黒岩晶に 心惹かれていく女教師・末永聖(有村)の“禁断の恋”を、儚くも美しく描くヒューマンラブストーリーだ。

町田が扮する川合勝太郎は、聖の大学時代からの恋人で、婚約者であるエリート商社マン。遠距離恋愛中の聖へのプロポーズが成功し、幸せの絶頂の中、予想外の出来事に惑わされていく。聖の一番の理解者であり、聖と晶の恋の最大の障壁となる“大人の男”を演じる町田は、「中学・高校生の頃、ラブストーリーのドラマをたくさん観て育ったこともあって、憧れを抱いていた作風に挑戦できることにワクワクしています」と意気込みを明かしている。

吉田が演じる原口律は、勝太郎の会社の先輩で、帰国子女のバリキャリ女子。毒舌家で、女性との恋愛経験もあるバイセクシャルであるが、後に勝太郎に惹かれていき、積極的にアプローチし始め、聖や勝太郎を翻弄していく。

“禁断の初恋”に落ちてしまった息子・晶を案じるシングルマザー・黒岩愛子に夏川、その会社の部下であり友人の上布茂にマキタスポーツ。聖の勤務する中学校の教頭で、新米教師である聖を厳しく指導する塩谷三千代に夏木マリがキャスティングされた。友近は、ドラマオリジナルのキャラクターで、聖のよき相談相手・丹羽千鶴を担当する。

火曜ドラマ『中学聖日記』は、TBS系にて10月より毎週火曜22時放送。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス