“ランニングマン”も!EXILE USAが学校の先生にダンス熱血指導

EXILE USAが1日、愛知県一宮市内で学校の先生約90人を対象にダンス指導を行った。ランニングマンや「Choo Choo TRAIN」の振り付けも飛び出したダンスレッスンに、参加した先生たちはみな笑顔に。レッスン後、USAは参加者に「一番大切なのは音楽を楽しむこと」と呼びかけた。

■ 一宮市とダンス“連携協定”を締結

EXILE USAが代表取締役CEOを務める株式会社dance earthは、世界中の人とダンスで繋がりたいという想いを掲げ、2006年からUSA自身のプロジェクト『DANCE EARTH』を展開している。

そんな中、文部科学省の中学校学習指導要領が改訂され、平成24年度から体育でダンスが必修科目になった。しかし、実際の教育現場ではこれまでダンスと無縁だった教員も多く、生徒への指導方法や授業内容などに悩みを抱える教員もいるという。

これまでになくダンスに対する関心が高まっている今、“ダンスを通じて次世代を担う子どもたちの育成に貢献したい”という共通の想いから、dance earthは今年7月に一宮市と「ダンス教育等に関する連携協定」を締結。今回のダンス指導はその一環で、一宮市教育委員会・一宮市体育協会が主催して行われた。

■ USA自身が踊りながら指導

レッスンは、USA考案で「Eダンスアカデミー」(Eテレ)でもおなじみの準備体操「EXダンス体操」からスタート。その後は、基本ステップのランニングマンや「Choo Choo TRAIN」の振付などを、USA自身も一緒に踊りながら指導した。

講習会に参加した教員たちからはたくさんの笑顔が溢れ、皆がランニングマンを成功させると、会場全体から拍手も!レッスン後、USAは「今回のダンスレッスンを機に、ダンスの楽しさを子どもたちにも広めていってください」と激励した。

レッスン後の質疑応答では、「ダンスの指導をする時に、一番大切にしていることはなにか」という質問も。USAは「一番大切なのは音楽を楽しむことだと思うので、簡単なステップでも音楽と体が一体化する楽しさを、皆さんに体感してもらうように気を付けています」とアドバイスを送った。

講習会は大盛況のうちに終了。USAは、「初めは緊張しましたし、先生たちも堅い表情でしたが、一緒の音楽で同じ動きをすることによって、段々とお互いの心が解れていくのが感じることができました」と振り返り、「先生たちの笑顔を見られてよかったです」と心境を語った。今後も一宮市では、ダンス教育現場に継続的なサポートを続けていくという。

(※EXILE USAの「U」はウムラウト付きが正式表記)(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/157459/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス