「一生幸せにする!」男性が心に決めたエピソード4つ




この子と結婚しよう……と思える瞬間はしょっちゅう訪れないもの。決心するきっかけがないので男性は結婚をしようかどうか悩む方が多いですよね。男性がどんな時に結婚を決意するのか、女性はいまいちピンとこない方が多いのではないでしょうか? そこで今回は「一生幸せにする!」と心に決めたエピソードを集めてみました!
今の彼と結婚したいと思っている方は是非参考にしてみてくださいね!

つらい時ずっとそばで支えてくれた



「仕事で悩んでいる時や上司に怒られた時は、いつもそばにいてくれました。話を聞いてくれたり、『なんか美味しいもの食べに行こう!』と明るく振舞ってくれたり、そんな彼女を見て、結婚しようと思いました」
(28歳/会社員/男性)

▽ 彼女の気遣いはやっぱり結婚において大切なポイントですよね。一番そばにいてほしい人が一番かけてほしい言葉をかけてくれることほど心強いものはないです。奥さんになる人は、そういう存在であるべきなのかもしれません。

浮気をして大切さに気づいた

「最低な話なんですけど浮気をしちゃった時に、彼女が本当に悲しそうにしていてとても胸が痛くなった。俺のことを責めないし、『もっと頑張るね』って自分に落ち度があったみたいな言い方してきて、その時この子は俺が絶対に幸せにするって思った」(27歳/アパレル/男性)

▽ 浮気をされるのはつらいですが、その経験から大切さに気づくこともあるようです。浮気をされた時の対応によって結婚に繋がることもあるとはびっくりですね。ですが、実際に浮気をされたら冷静ではいられないかも……?

ふたりで頑張っていこうと言ってくれた



「結婚についての話がでた時、収入の面が不安だったから正直にそのことを言ったら、『ひとりでなんでもやろうとしないで。ふたりで頑張っていこう』と言われて、不安が軽くなりました。この子とならお互い支えあってやっていけるって確信した」(29歳/福祉職員/男性)

▽ なかなか結婚に踏み出せないのは不安があるからですよね。その不安を共有して悩みを解消できれば一気に結婚へ近づきます。まだ結婚について話し合いをしたことがないというカップルは、一度そういう機会を設けてみてはいかがでしょうか?

長く付き合っていたから

「特にこれっていう決め手はなかったんですけど、8年も付き合っていたのでそろそろ結婚しようと思ってしました。これだけ長く一緒にいられたんだから結婚してもうまくやっていけるだろうし」(29歳/飲食業/男性)

▽ 長く付き合っていれば、それだけで結婚する理由になります。長く付き合っているのにプロポーズをしてこないのは、タイミングを見計らっているのかも?記念日や誕生日など、プロポーズのきっかけを探しているのかもしれません。

まとめ

日常の何気ない瞬間にふと結婚しようと思ったり、直接的なきっかけで決意したりときっかけはさまざまです。人生の大きな選択ですから、焦らずにふたりのタイミングで結婚を決めるのが一番!
彼と結婚したいと思っている方は、結婚について一度彼と話し合ってみましょう。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス