前田敦子の規則違反…業界内で有名な男性をめぐる「癖」


 女優の前田敦子と俳優の勝地涼は7月31日、結婚したことを発表した。交際半年でゴールインというスピード婚となったが、インターネット上では2人を祝福するコメントで溢れている。

2人の出会いは2015年に放送された連続テレビドラマ『ど根性ガエル』(日本テレビ系)で、交際をスタートさせたのは今年の春頃とみられている。実際には半年にも満たないため“3カ月婚”などとも言われているが、前田の結婚には所属事務所関係者でさえ驚かなかったという。

「もともと恋多き女子なので、デキ婚と言われても驚かないような雰囲気だそうです。それに、恋愛禁止だったAKB48時代からも規則違反をしていましたし、人の言うことは聞かない。だから、むしろ結婚して落ち着いてくれるほうが事務所的には嬉しいんじゃないですかね」(他の芸能事務所関係者)

結婚発表後にInstagramを更新した勝地は、お揃いのリングをつけた手元の写真をアップし、「2人で明るく笑顔の絶えない家庭を築いていきたいと思います。これからもあたたかく見守っていただけたら嬉しいです」と言葉を添えて投稿した。前田といえば、これまで佐藤健や尾上松也など名のある俳優たちと愛を育んできたわけだが、勝地を選んだのはやはり“ユーモア”だという。

「これまで見た目も中身もかっこいい男性が好みのようでしたが、年齢を重ねるごとに面白い人が好きになっていったようです。実際に『ど根性ガエル』の撮影時は常に前田さんを勝地さんが笑わせていて、とても雰囲気は良かったですよ」(同)

また、テレビ制作スタッフは明かす。

「前田は好きな男性ができると、すぐに現場でスタッフに話をしてしまう癖があることで有名です。以前も一般男性と交際を始める前にも『彼と付き合いたいんだよね~』などとこぼしたりしていたようです。さらに、最近は恋愛の話になると『子供が欲しい』と話していたようで、アラサーとなり年齢も考えて、結婚を決意したのでしょうか」

2人の共通点はやはり猫だろう。前田は実家と自宅でたくさんの動物を飼っていることでも知られているが、勝地もかなりの愛猫家。そんな共通の趣味も2人を結婚へと後押ししたのだろうか。前田は自身のInstagram上に「メルもロジャーとポッツ(←猫達)とあっという間に家族になれました」と猫の写真と共にアップし、幸せを噛み締めているようだった。

AKBで長年センターを務め、女優としても活躍し30歳手前で結婚という絵に描いたような人生だが、やはり絶対的エースを務めただけあり、運を持っているのかもしれない。
(文=編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ