意志が弱くて自分に甘いワタシでも、やせられますか・・?【2】

美LAB.

2018/8/8 20:00

ダイエット中にケーキを食べている女性のイメージ
みなさま、こんにちは!ダイエットトレーナーの小山圭介です。今回の「ダイエット王子の愛のダイエットサポート奮闘記」は、意志が弱くてやせられないと嘆いている皆様にお読みいただきたいエピソードの続きです!

ダイエット王子「小山圭介」の愛のダイエットサポート奮闘記
◆「ダイエット王子」の愛のダイエットサポート奮闘記♡Vol.14
今回のお客様は、意志の弱さから6kg増量してしまった保健の先生Yさん(25歳/155㎝/52㎏)
-----------------------------------
■先生、ワタシ、自分に甘くって・・・。やせたいんですよ、とってもやせたいんです。でも、まあいいかって食べちゃって、まあいいかって飲んじゃって、まあいいかってジムからも足が遠ざかっちゃうんです(涙)。先生、こんな意志の弱いワタシでもやせられますか?
-----------------------------------
Yさん (25歳) 、155㎝、52㎏。高校の保健の先生。社会に出て、一人暮らしを始めて自由な生活になったことで、不規則生活&過食ぎみで6㎏増量(涙)。生徒の心の相談にも乗る毎日は、やりがいがあるも心身は疲れて、ついお酒も増えて・・・。
保健の先生が甘いものを食べているイメージ
◆挫折の連続から、自分に合った方法でダイエット成功へ
【前回のあらすじ】
これまでいろいろなダイエットにチャレンジしては挫折してきたYさん。自分に合ったダイエット方法はもう見つからないのでは・・・と思いきや、ダイエットの方法とは、
-----------------------------------------
【1】どんな取り組みをするか
【2】続けるためのどんな工夫をするか
-----------------------------------------
の2つがあり、これまでは【2】を真剣に考えてこなかったことが判明。一緒にYさんにぴったり合った【2】を考えることに!
小山圭介さん
◆ダイエットに失敗し続けて太っているワタシが、ダイエット指導!?
小山「ではYさん、Yさんにぴったりな続けるための工夫、探してみましょう!」

Yさん「先生、よろしくお願いします!」

小山「Yさん、どうして保健の先生になったんですか?」

Yさん「えーっ、先生、それ、ダイエットと関係あるんですか?」

小山「あるのあるの(笑)。教えて教えて!」

Yさん「ワタシ、3姉妹の長女で、両親が共働きだったから、小さい頃から妹達の面倒をみていたんです、おばあちゃんと。だから、みんなのことを手伝ったりお世話するのが好きで!で、高校で野球部のマネージャーになったんです」
高校野球部の女子マネージャーのイメージ
小山「そうなんだ!それでそれで?」

Yさん「野球部ってお休み少ないし、仕事も多いから大変だったけど、やっぱりみんなのサポートするのが何だかんだ楽しくって!あと、後輩マネージャーをまとめる役もしていたから、後輩にいろいろ教えるとどんどん成長してくれて、それを見ているのもまた楽しくて。で、まわりを支えたり教えたりする仕事につこうと!」

小山「そっか、それで教職の道に!」

Yさん「そうなんです!普通の先生も考えたんですけど、よりフレンドリーというか、踏み込んだ感じで生徒と触れ合えたらと思って、保健の先生になったんです」
保健の先生のイメージ
小山「そうだったんだねー!ステキねー(*^^*)。たしかに、保健の先生って、親しみやすく、なんでも話せたり相談できたもんなー(笑)」

Yさん「小山先生、保健の先生にかわいがられそう(笑)」

小山「キャキャ☆うれしいこと言ってくれるじゃん(笑)」

Yさん「甘え上手(笑)」

小山「えー、そういうこと(笑)!?それはさておき、実際の保健の先生のお仕事はどうかな?」

Yさん「毎日とっても楽しくお仕事しています!もちろん、業務量が多いから大変ですけど、マネージャー時代よりは楽です(笑)。うちの野球部、強豪で大所帯だったので。そして、生徒もとってもかわいくて、お姉さん役しています(笑)」
保健の先生と女子生徒のイメージ
小山「いいねー(*^^*)、すばらしい!Yさん、ダイエットの話をしている時は元気無かったけど、学校の話になったらとたんに笑顔になったね(笑)」

Yさん「ハイ、仕事、ものすごく楽しいんです!ダイエットは楽しくないけど(笑)」

小山「Yさんがダイエットを続ける方法、ここにヒントがありそうだね!生徒の中にダイエットしたい人っていそう?」

Yさん「え?そ、そうですね、年頃の女の子達だから、みんなダイエットには興味あると思います・・・」
女子高校生たちのイメージ
小山「ジャストアイデア、Yさん、生徒にダイエット指導しながら一緒に取り組んだらやせると思う!どう(笑)!?」

Yさん「えーーーー、ダイエットに失敗し続けて太っているワタシが、ダイエット指導!?」
◆特性を利用すれば、成功率はグッと高まる!!!
Yさんは、姉妹の面倒をみつつ、そこにやりがいを感じて野球部のマネージャーに。応援気質、サポート気質をさらに生かすために学校の保健の先生に。つまり、まわりを応援したり教えたりするのが本当に好きで上手!だったら、Yさんのその特性を利用してしまえば、成功確率がとっても高まるんです!!
小山圭介さん
また、これはYさんに限らずですが、人は、立場や役職を与えられると、その役回りにぴったりなメンタリティーや行動になりやすく、これは、科学的にも様々な検証があります。

少し尖ったお話ですが、1970年代に、スタンフォード大学である実験が行われました。それは、模擬の刑務所をつくり、普通の人が特殊な肩書きや地位を与えられると、その役割に合わせて行動してしまうことを証明しようとした実験です。模擬の刑務所はスタンフォード大学の地下に作られ、新聞広告などで集められた被験者21名を、看守役と囚人役に分けて実験をしたところ、看守役は看守のような、囚人役は囚人のような言動になっていったというものです。
刑務所の看守と囚人のイメージ
2001年に、ドイツで「es」というタイトルで映画化もされたので、ご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。この実験には所々の見解があるものの、ビジネスの世界でも「役職が人をその役職にみあうように育てる」という言葉があるように、日常的にも使われている考えとも言えると思います!
ちょっと説明が長くなりましたが、Yさんの特性にも合致し、人の特性にも合うこの方法、ボクには大成功の予感しかしませんでした(笑)。長年の経験から!
◆まさかの、学校単位の活動に!気になる成果は・・・
Yさん「太っているワタシの言うことなんて、学校のみんな、聞いてくれないと思います、先生・・・」

小山「そっかそっか。たしかにね~。ただ、もしね、もしみんな聞いてくれて、ダイエット指導&応援を生徒に仮にできたとしたら、Yさんのダイエット、どんな感じになりそう?」
小山圭介さん
Yさん「えー、やせそうです(笑)。だって、自分が率先してダイエットしないと示しがつかないし、自分でやっていることじゃないと教えられないし、そもそも、ワタシ、意外と背中で引っ張ってくタイプなんです(笑)。そして何より、楽しそう!」
小山「いいじゃんいいじゃん、やせそう!しかも、ダイエットが楽しそうなんて~(*^^*)。じゃあさ、実現可能不可能はいったん横に置いておいて、何の制約もなく考えてさ、どうやったらみんなのダイエット指導、できるかな?」

Yさん「うーん、そうですね・・・。なんか単純に、『みんなでやせよう!、ダイエット王子に指導受けているから、それ、みんなにどんどん教えるから!ダイエット王子からも、学校の先生は、ダイエットを生徒に教えるとやせるよって言われているから、100%協力してくれるって!』って言えば、みんな面白がって参加してくれそう!王子、100%協力してくれますか?」
女子高校生たちのイメージ
小山「いいねいいね~(*^^*)。完璧だ~!!!もちろん、1000%協力するよ~\(^o^)/」

ということで、Yさんのダイエットを続ける方法は、みんなにダイエット指導をするダイエット方法に決定!

さあ、成果はどうだったんでしょう?次回をお楽しみに!なかなか面白い展開になりますよ(笑)。まさかの、学校単位の活動に!!!
小山圭介さん
次回のレポートは8/13(月)更新予定です!
■過去の記事はこちらから!
Vol.13『意志が弱くて自分に甘いワタシでも、やせられますか・・?【1】』
Vol.12『人生が変わる!スイーツ大好き女子のための「食べ痩せダイエット術』その3』
Vol.11『辛くなーい♡スイーツ大好き女子のための「食べ痩せダイエット術』その2』
>>バックナンバー一覧
Photo by fotolia

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス