Interview with The Orb about “No Sounds Are Out Of Bounds”

NeoL

2018/8/8 17:00



ジ・オーブの通算15作目のニュー・アルバム『ノー・サウンズ・アー・アウト・オブ・バウンズ』は、全編を通じて様々なコラボレーターが迎えられた多彩な一枚になっている。名を連ねているのは、盟友ユースをはじめ、ジャー・ウォブル、ロジャー・イーノ、ガイ・プラット(ピンク・フロイド)、ダブ/エレクトロの鬼才ガウディといった縁の深い面々。さらに、ポール・クック(セックス・ピストルズ)の娘であるホリー・クック、レゲエ・アーティストのブラザー・カルチャーなど個性豊かなヴォーカリストをフィーチャー。ミニマルで美しいアンビエント・アルバムだった前作『COW/チル・アウト、ワールド!』(2016年)とは異なり、ミックス・テープ的ともいえそうなヴァラエティに富んで喧騒感に満ちた世界を作り上げている。活動30周年を祝したイヴェント「ORBFEST」を開催するなど多忙なさなか、アレックス・パターソンにメール・インタヴューを試みてみた。

ーー最新アルバム『ノー・サウンズ・アー・アウト・オブ・バウンズ』を聴かせていただきました。前作『COW/チル・アウト、ワールド!』はオーガニックなフィーリングをたたえた美しいアンビエント・ミュージックでしたが、今作は「喧騒」という言葉も連想させるような、どこかミックス・テープ的なヴァラエティと猥雑さが魅力に感じました。この作品が前作のアルバムと比べて、もっとも「変わった」と思うのはどのような点だと考えますか。

アレックス「ジ・オーブはもはやミニマルではないんだ。トーマス・フェルマンはバンドを去った。ユースが再加入し、イギリスのレーベルと仕事を再開した。シンガーを再び起用するのは素晴らしく楽しい出来事だったよ。前作はステートメントだったが、今作ではついに太陽系を去り、宇宙空間で全く新しい音楽を探求したといえるね」

ーー今作では、ユースやロジャー・イーノといった前作にも参加した縁の深いアーティストをはじめ、様々な顔ぶれがフィーチャリングされています。加えて、今作はビートも前作と比べてとても多彩で、そうした今作が象徴しているダイヴァーシティとは、きわめて今日的な時代性が映し出されたものでもあるように思います。ご自身として、本作を通じて描きたかったヴィジョン、テーマ、あるいはフィーリングとはどのようなものだったのでしょうか。

アレックス「15枚もスタジオ・アルバムをリリースしていてれば、もはやテーマなんてものはないよ。タイトルにあるように、全て白紙に戻った状態なんだ。実際、この電子社会では全ての音が奏で尽くされている……多分ね。その白紙からの新しい旅に、ノースオックスフォードシャーの寄学校で一緒に育ったユースが参加してくれている。彼とは家族ぐるみの付き合いだ。最近知り合ったロジャーは愛らしいやつだし、ガウディは6年前のアルバム(※『ウィー・アー・スクリーン』)でも一緒に作業した。チェスターと僕がヴォーカルをとったスクリーンでね。そしてアンディー・ケイン、ホリー・クックとエマ・ギレスピーも参加してくれている。『COW~』とはかけ離れたサウンドになったと思う、トランペットすら鳴らしているんだから!」

ーー今作を作るにあたって、音楽以外で、イマジネーションのソースになったようなアート、あるいは出来事などはありますか。またそうしたインスピレーションは、今作のどのような部分に、どのような形で影響を与えましたか。

アレックス「犬との散歩、絵を描くこと、読書、ガーデニング、SF映画、旅行などかな。オリジナルなイメージとはなんだろう。過去のスクリーン・ショット? 僕はインスピレーションについて考えてもいないし、それが今作に影響を与えたとも思わない。結局のところ“Life”から生まれるんだ」

——I have heard your new album” NO SOUNDS ARE OUT OF BOUNDS”. Your last work “COW/Chill out, World!“as a sort of ambient music, has depicted the ambiguous feelings beautifully. While your new one gives out impression of things bustling, as if it is a mixed tape of various kind of music. What do you think that has changed since the last album?

"loads has changed , the orb is not minimal anymore . Thomas Fehlmann has left the band . Youth has rejoined & working with a British label too . Using singers again too is so much fun . COW was a statement . NSAOOB has left the solar system & looking for new music in the cosmos."

——The album also have some featured artists like Youth and Roger Eno, who you have known well before. That has helped added various different voices and elements into the work. And it reflects the time that we live in a lot. What is it that you consider as the theme, vision and feeling that you want to express?

"After the 15th studio album ! There is no theme , the theme if there is one . It’s a like all bets are off . It’s in the title mate . No sounds are in indeed out of bounds … maybe not , but in the electronic world it’s a statement of intent . Youth I went to school with , we grew up in a boarding school in north Oxfordshire . Our families are connected . Roger , I met recently & what a lovely chap he is . as is Gaudi , who I did an album with maybe 6 years ago . Called “ screen by screen , on malicious damage with Chester far I on vocals … then there’s Andy Caine , Hollie Cook & Emma G . all a million miles away from the sounds of COW . trumpets too !!! "

——Besides music, have you ever participated in other kind of creative process, like books or films that are based on your original imagination? What do you consider as inspirations and how does it affect you?

"Dog walks . painting pictures . reading books . gardening . science fiction films . travelling . what is an original image ? a screen shot of the past ? I don’t consider inspirations & it certainly doesn’t affect me . Life is after all."

ーーエマ・ギレスピーが歌う“The End of the End”はトラップも連想させるビート・メイクが特徴的ですが、実際のところ、トラップを始めとした昨今のラップ・ミュージックから刺激を受けるようなところはありますか。また、ヒップホップやR&Bが優勢を占めるポップ・ミュージックの現状についてあなたがどのように見ているのか、興味があります。

アレックス「ワオ。まず第1に、マッドリブ、CMN、メタモノを挙げよう。第2に、ドレイクは素晴らしい、UKヒップホップやR&Bのニューウェーヴがイギリスに押し寄せている、僕の彼女も夢中だよ……」

ーーレゲエ・スタイルの“Rush Hill Road”では、ホリー・クックが美しい歌声を披露しています。ホリー・クックはご存知、ポール・クックの娘であり、またスリッツのラスト・メンバーのひとりでもあるわけですが、彼女が参加した経緯を教えてください。

アレックス「スワップさ。僕は彼女の最新アルバム(※『ヴェッセル・オブ・ラヴ』、2018年)の曲をやり、彼女が僕らの最新アルバムでヴォーカルをとったというわけ。ポール・クックのことはキリング・ジョークから紹介してもらってセックス・ピストルズのメンバーだった頃から知ってるし、一周してまた始まった感じだね」

ーー最近の例でいえばワンオートリックス・ポイント・ネヴァーやソフィーの作品にも象徴的なように、エレクトロニック・ミュージックにおける「ヴォーカル/ヴォイス」のアプローチは近年、斬新でユニークなアプローチを様々な局面で見せています。ご自身の創作において、ヴォーカルや、サンプリングのモノローグも含めたヴォイスの重要性についてはどのように捉えていますか。ヴォーカル/ヴォイスはアンビエント・ミュージックにどういった効果を与えるものとお考えでしょうか。

アレックス「1枚目と15枚目のアルバムを聴いてもらったら、僕らは君が言っているヴォーカル/ヴォイスの法則に則ってないとわかるはず。まずはヴォーカリストを見つけることから始まるんだ」

——The song The End of the End by Emma Gillespie reminds people of traps with its beats. Is there any rap music that you can think of that stimulates that kind of impression? Also, what do you think about the current state of pop music as in a time that R&B and Hip-Hop dominate.

"blimey ! 1/ mad lib / CMN / metamono.2/ brilliant love drake / the brits are coming the new wave of UK hip hop R&B . my woman adores .. "

——We have heard the beautiful voice of Hollie Cook in the Reggae song Rush Hill Road. As the daughter of Paul Cook and also the last member of Slits, how did she participated?

"swaps , i did a tune for her last album & she did a vocal on NSAOOB . i have known paul cook from the killing joke / sex pistols daze . there’s beginning to be another full circle in the making."

——The way of approaching the making of vocal and voice are getting more creative now, for example, the Oneohtrix Point Never is really innovative. Speaking of that, how do you get to capture the importance of the voice including the sampling monologues? What kind of effects do you think is introduced to ambient music through the voice?

"listen to album 1 & album 15 . i think we cracked whatever you’re trying to express / find a vocalist first."

ーー以前のインタヴューで、前作『COW~』について「アンチ・プロテスト音楽」といった発言をされていたのが印象に残っています。その意味についてあなたは「状況に対して「怒る」のではなく、そうした思いが頭の中に入り込んでこないようにする。さまざまなことにイライラさせられないようにしよう、と」と話されていたのですが、今作についても同様に、曲のタイトルや楽曲のなかで引用されているサンプリングのモノローグからは、今の社会や政治の不穏な空気が反映されたような問題意識、メッセージ性を窺うことができます。実際のところ、今作に込められたあなたが抱えている問題意識、伝えたかったメッセージとはどのようなものだったのでしょうか。今作が鳴らしている警鐘とは何に対してなのでしょうか。

アレックス「危機? 現状? 雲行きを見る? 西欧諸国で権力を握っているのは誰か? メッセージは“レコードプレイヤーを買って、スピンアウトしろ”だよ」

ーー『NO SOUNDS ARE OUT OF BOUNDS』というタイトルにはどんな意味が込められているのでしょうか。

アレックス「ジ・オーブは30周年を迎えたということ」

ーー“Wolfbane”では、ニューヨークが爆弾によって破壊された様子を伝えるモノローグが使われています。この曲はどのようなコンセプトから生まれた曲なんでしょうか。

アレックス「原子爆弾がNYの頭上を飛んで行ったというスピーチが頭から離れないんだ」

ーージャー・ウォブルが参加した“Pillow Flight @ Shag Mountain”は宇宙戦争(War of the Worlds)がテーマとのことですが、この曲が暗示しているものとは何でしょうか。

アレックス「ベースラインに合わせて踊れ踊れ踊れ!」

ーーラストを飾る“Soul Planet”はまるで、「2001: A Space Odyssey」を音楽体験するような壮大なスケールをもった大曲ですが、この曲はどのようにして生まれたのでしょうか。

アレックス「愛、尊敬、思いやりのもと、2年がかりで作った。ガウディとアンディー・ケインと僕とでこのモンスターをN8で作り始めたんだよ」

——We have had the conversation about COW / Chill Out, World! , you said it as anti-protest music in the previous interview. You have suggested that you weren’t angry at the situation and you didn’t let it get into your head. The music you are making now is quoting some problems to be solved from the era we live in today. The concern of the society and political issues are raised. What kind of message do you want to send out? What do you consider as dangerous now?

"dangerous ? now ? seen the weather lately ? whose in power in the western world ? message - buy a record player , it’ll spin out - "

——What does the tile NO SOUNDS ARE OUT OF BOUNDS represent?

"the orb 30 years on."

——In the song Wolfbane, the scene of New York City getting bombed is depicted. How did you come up with that?

"in my head. a speech on the effects of a atomic bomb over NYC."

——The song Pillow Flight @ Shag Mountain which featured Jah Wobble was about the War of the Worlds. What did you want to imply through the music?

"dance dance dance to the bass line."

——Soul Planet as the last one, is just as grand as 2001: A Space Odyssey which dramatically expands the scale of the song. How did it come to live?

"the big one . two years in the making . love , respect & thoughtfulness . Gaudi myself & Andy caine started this monster in N8 … "

ーー様々な文化の分野で“政治的な正しさ”が問い直されているように感じる昨今、自身の創作においても、そういったものを意識することはありますか。または、そういった問題意識が本作に与えた影響などはありますか。

アレックス「君が感じたことをやるのが正しい、いつだってね」

ーー昨今、デザインや音楽といった人間の感性が深く関わるクリエイティヴィティの分野でも、AI技術の波が押し寄せています。はたして人工知能は作曲家になり得るのか。音楽はAIとどう関わっていくべきなのか。あなたの考え、所感をぜひ聞かせてください。

アレックス「全くわからないよ。まだわからないかな。質問をしてくれてありがとう!」

——While creating your own music, do you feel like the existence of political correctness in various cultural fields is being questioned? How do you think it is connected with your work and are you conscious of the problematic issue?

"u do what you feel is right . every time."

——Nowadays, the technique of AI is intruding into the art world, including design and music. Do you think that it’s possible to have an AI composer? How should music connect with AI? please let us know about your thoughts and opinion.

"no idea , a still no eyed deer . thanks for asking me . get a life or a deer . lx "

text Junnosuke Amaiedit Ryoko Kuwahara

no-sounds-are-out-of-bounds
The Orb about 『No Sounds Are Out Of Bounds』(Big Nothing / Ultra Vibe)付帯物未定、日本盤ボーナス・トラック未定1. The End of the End2. Wish I Had a Pretty Dog3. Rush Hill Road4. Pillow Fight @ Shag Mountain5. Isle of Horns6. Wolfbane7. Other Blue Worlds8. Doughnuts Forever9. Drift10. Easy On the Onions11. Ununited States12. Soul Planet

The Orb/ジ・オーブThe Orbは1988年にKilling JokeのローディーであったAlex PatersonとThe KLFのJimmy Cautyにより、ロンドンで結成された。1990年にはJimmy Cautyが脱退。以降はAlex Patersonを中心に、Thomas Fehlmann等と活動が行われている。アンビエント・ハウスやプログレッシヴ・ハウスを確立したエレクトロニック・ミュージック・グループとして、今尚、絶大な人気を誇る。1991年にデビュー・アルバム『The Orb's Adventures Beyond the Ultraworld』をBig Lifeよりリリース。翌1992年のセカンド・アルバム『U.F.Orb』はUKチャートの1位を獲得する。その後、グループはIslandへ移籍。1993年のライヴ・アルバム『Live 93』、1994年のミニ・アルバム『Pomme Fritz』を経て、『Orbus Terrarum』(1995年)、『Orblivion』(1996年)、『Cydonia』(2001年)とアルバムをリリース。2004年にはCooking Vinylより『Bicycles & Tricycles』、2005年にはKompaktより『Okie Dokie It's the Orb on Kompakt』、2008年にはLiquid Sound Designより『The Dream』、2009年にはMalicious Damageより『Baghdad Batteries (Orbsessions Volume III)』とレーベルを変えながらアルバムをリリース。2010年にはPink FloydのDavid Gilmourをフィーチャーしたアルバム『Metallic Spheres』をColumbiaよりリリースし、UKチャートの12位記録した。その後、Cooking Vinylより『The Orbserver in the Star House』(2012年)、『More Tales from the Orbservatory』(2013年)と2枚のアルバムをリリース。この2枚ではLee "Scratch" Perryがフィーチャーされた。2015年には10年振りにKompaktよりアルバム『Moonbuilding 2703 AD』をリリース。翌2016年には『COW / Chill Out, World!』をリリースした。More Info:http://bignothing.net/theorb.html

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ