新たな台風14号『ヤギ』にネット民が困惑 名前の由来に「納得できない」の声も

しらべぇ

2018/8/8 19:00


(Mariemlulu/iStock/Thinkstock)

本日正午、フィリピンの東海上で新たな台風14号が発生。気象庁の予想では、しばらく北上した後、北西方向へ進み、土曜日から日曜日に奄美や沖縄に接近するとのこと。

そんな台風14号は「ヤギ」と命名されており、現在ネットではその名前に注目が集まっている。

■なぜ「ヤギ」…


しらべぇでも既報だが、台風の名前は「台風委員会」という専門機関が決めている。日本ほかアジア地域14カ国等が加盟していて、それぞれ10個ずつ名前を提出。合計140個からできた名前リストに従って順番に命名しているのだ。

日本は星座の名前で提出していて、ヤギ(Yagi)は、やぎ座が由来になっているとのこと。

なお、現在気象庁のホームページには、「テンビン」「ヤギ」「ウサギ」「カジキ」「カンムリ」「クジラ」「コップ」「コンパス」「トカゲ」「ハト」、以上10個の名前がリストに挙げられている。

■「納得できない」とネットは困惑


この「ヤギ」の由来に、ネット民は「納得できない」と困惑している様子だ。

・そもそもなんで星座なんだ。ウサギとかハトとか、ヤギ以上に力が抜ける名前だ…

・台風と星座のミスマッチ感w どうして星座にしようと思ったんだ

・「台風17号ヤギが発生」ってどう考えてもおかしい。さすがに納得できない

・こんなネーミング、絶対海外で笑われてるよ…。あぁ、恥ずかしい

■ 「この台風、やる気あんのかよ」


また、台風とは思えない愛らしい名前に、「全然怖くない」とツッコミの声もあがっている。

・ヤギが来る…。「山羊」じゃなくて、「Yagi」なんだよね。どうしよう、いずれにせよ全然怖くない

・この台風、やる気あんのかよw 絶対猛威振るわないだろw

・はいはい、皆さんヤギさんが来ますよー

・また台風来るのか! と思って名前見たら、一気に力が抜けた

■「ヤギ」で大喜利の展開に


現在ネットでは完全にネタ化していて、ツイッターではもはや大喜利のようになっている状態だ。









また、なかには台風13号のサンサンという名前にも言及し、「パンダの名前かよ」とツッコむ声もあった。

「ヤギ」という名前に騙されてしまいそうだが、いずれ猛威を振るう大きな台風になる可能性もある。くれぐれも油断しないように気をつけたいところだ。

・合わせて読みたい→『警視庁いきもの係』 ヤギに「紙を食べさせちゃダメな理由」が面白い

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

あなたにおすすめ