折井あゆみ、"同期"前田敦子の結婚を祝福「幸せになってほしい」


女優の折井あゆみが8日、都内で行われたミュージカル『スサノオと美琴~古事記~』制作発表会見に主演を務める俳優の廣瀬智紀、木村咲哉、月影瞳、彩輝なお、総監督の井戸輝雄氏らとともに出席した。

折井は元AKB48の初期メンバーであることから、7月30日に俳優・勝地涼と結婚した前田敦子を祝福。「彼女とは同期で。彼女が14歳くらいのときから一緒に活動していました。青春を仕事に捧げていたので素敵な方と巡り会えてうれしい。幸せになってほしい」とメッセージを送った。

前田の結婚後、「盛り上がって大変だと思う」とまだ連絡は取り合っていないが、「落ち着いてから連絡しようと思う」と折井。同期の結婚に「みんな幸せになってほしいのでハッピーな話題うれしい」としながらも「私もそういう報告をいつかできるように頑張ります」と語った。

同舞台は、現代に生きる11歳の少年・美琴(木村)が、日本創生期・神の時代にタイムスリップし、スサノオ(廣瀬)と三種の神器探しの旅に出るというファンタジー作品。主演は、舞台「弱虫ペダル」やテレビ・舞台「男水!」などに出演した、若手俳優の廣瀬が務める。

廣瀬が演じるスサノオというキャラクターについて「純粋で心に正直。かわいくて、かっこいい役柄。でも客観的にみると、周りに迷惑かけたり、暴れん坊だったり、わがままで自分勝手で、イタズラ好き。自分で言っていても困ったやつだなと思う。でもストーリーの中で美琴に出会って変わっていく。どう成長するのか楽しんでいただきたい」とアピールした。同作は8月29日に東京・新国立劇場オペラパレスにて上演される。

あなたにおすすめ