山崎夕貴アナ、お台場ワンガン娘のメインボーカル落選に「反省したい」


フジテレビの女子アナウンサーで構成されるお台場ワンガン娘が8日、東京・台場の同局で新曲「め組のひと~お台場ワンガン娘ver.~」を初披露した。

毎年フジテレビがある東京・台場で開催している夏の大型イベント「ようこそ!! ワンガン夏祭り THE ODIBA 2018」。今年も期間中に、メインステージとなるTHE ODAIBA マイナビステージで、旬なアーティストやアイドルによるライブなどが開催されるほか、様々な催し物が行われる。

この日は観客を入れた同ステージでお台場ワンガン娘による「め組のひと~お台場ワンガン娘ver.~」が初披露される予定だったが、台風13号の影響で、急遽同局のスタジオで報道陣だけに披露することに。間違えることなく歌やダンスを披露して安堵した表情の山崎夕貴アナは「練習の成果を出せましたね。結構いい仕上がりで、みんな本番は強いなと思いました」と満足げ。ひときわセクシーなダンスが目立った堤礼実アナは「緊張しました。歌詞がワンフレーズなのに飛んじゃうんじゃないかと思って焦り、ずっと歌詞を確認しましたよ」と振り返るも、「無意識ですが、セクシーな動きと言っていただくことが多いので、手の使い方とか練習を重ねています。個人的に手の動きとかを見ていただきたいと思います」とアピールするなど、8月23日に同ステージで披露するパフォーマンスや8月26日に東京・味の素スタジアムで開催される「a-nation 2018 supported by dTV&dTVチャンネル」でのステージに向けて意欲を見せた。

お台場ワンガン娘のメインボーカルは、永島優美アナ、堤礼実アナ、永尾亜子アナ、杉原千尋アナの4人。それを決めるために課題曲と自由曲を歌ってメンバーを決定したが、リーダー格の山崎アナは「正直受かると思ったんですよね。落ちることがあるんだ? と思って。自信満々だったんですけど、FODで(審査の様子が)配信されるので、それを見て反省したいと思います(笑)」と苦笑しつつ、「4人は本当に歌が上手いので、バックで全力で応援したいと思います」と先輩らしいコメントも。その山崎アナは今年3月にお笑いタレントのおばたのお兄さんと結婚。「一応夫に報告したら見に来ようと日程を確認していました。でも地方の営業なので残念ながら見に来れません」と残念がりつつも、同曲のダンスをおばたのお兄さんに披露したことを明かし、「反応は上手って言ってくれました(笑)」とエピソードを披露。他の女子アナたちは「優しい!」と新婚の山崎に対して羨望の眼差しを向けていた。なお、この日はフジテレビの男子アナウンサーで構成される"四代目オマツリ男アナ"も太鼓の演奏を披露した。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス