夏菜「恋愛エピソード」にネットが「本当に醜い」と炎上

まいじつ

2018/8/8 19:00

夏菜
(C)まいじつ

8月7日に放送された『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)に女優の夏菜がゲスト出演。好意を寄せていた男性に幻滅したエピソードを披露したが、視聴者から「そんなことで怒らなくても」と批判を浴びる事態となっている。

この日はゲストを全て女性でそろえ、全員が浴衣姿で出演。夏菜も黄緑がかった浴衣をまとい出演した。インスタグラムにも写真を投稿している。

夏菜は、女心を分かっていないと感じる男の行動について告白。好意を寄せている男性からカラオケに誘われて心躍らせたが、カラオケで男性が声をしゃくり上げて裏声で歌ったことに幻滅したエピソードを明かした。

夏菜は「そういう人ってたくさんいるんです」「なんで気付かないんだろうと思う」と嘆いた。司会の明石家さんまは「その歌手のマネをしたいだけなのでは?」と説いたが、夏菜は「昔の方(歌手)がその歌を歌うから素敵に見えるだけ」と、素人がプロのマネをしてもプロ同様に格好良く見えるとは限らないと力説。「『お前が歌っちゃダメだよ』と思っちゃう」とまくし立てた。

「もう少し仕事を選んで」と批判


さんまは「われわれの世代はサザン(オールスターズ)の桑田佳祐寄りに歌うのがはやっていた…」と振り返ると、若槻千夏は「サザンならまだいい。この(自分たちの)世代だとラルク(ラルクアンシエル)のマネをする人がいる」と会話に割って入り「HYDEになれるわけがないだろう」とバッサリ斬った。

「そういう人に限って歌い終わった後に『ドヤ顔』をする」と嘆いた夏菜に、同じくゲスト出演していた岡田結実は「うちの父がそういうタイプ」と『ますだおかだ』の岡田圭右を例に挙げ、周囲を笑わせた。

夏菜の葉に衣記せぬトークに女性は共感するかと思いきや、ツイッターはやや炎上気味。

《別にカラオケくらい好きに歌っていいだろう》
《悪口を大声で語ってるのが本当に醜い。もう少し仕事を選んで》
《「お前が歌っちゃダメだよ」って言えるくらい偉いのかね、この女》

などと、視聴者は夏菜を批判していた。

バラエティ番組への露出も増えた夏菜。女優業がうまくいっていないのだろうか?

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス