暑い日こそ行きたい!名古屋提灯と弥富金魚の幻想的なコラボレーション

Walkerplus

2018/8/8 18:16

2018年8月1日(水)から31日(金)まで、「名古屋マリオットアソシアホテル」(名古屋市中村区)の15階ロビーで、夏の風物詩「錦魚の舞」が開催中だ。今年で4回目の開催となるこの催しは、地元弥富の金魚を間近に楽しめると、地元民だけでなく観光客にも好評だ。

そんな魅力満載の催しが今年はさらにパワーアップ!伏谷(ふしたに)商店の名古屋提灯とのコラボレーションにより、幻想的な空間が創り出される。

今回展示される提灯は、名古屋マリオットホテルのオリジナルデザイン。提灯職人が減少し海外製品に頼るなか、50年以上の伝統技術を守り続ける伏谷商店が制作を手掛けた。1つ1つ手間ひまがかけられた手作り提灯は、美しいだけでなく職人の誇りが感じられる芸術作品だ。

提灯の明かりに照らされた水槽では、多くの人に親しまれる美しい琉金(りゅうきん)をはじめ、家庭では飼育できないような高価で美しい金魚が楽しめる。面白いことに、この中にいる金魚たちは人に見られてもストレスを感じないよう訓練されているそう。ほかで見る金魚とはまた少し違った優雅な泳ぎが見られるかも。

つい時間を忘れ、見入ってしまう美しさの弥富金魚と名古屋提灯。毎日の暑さを忘れるような空間へ足を運んでみよう。(東海ウォーカー・達知瑚都海)

https://news.walkerplus.com/article/157479/

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ