台風13号 さらに速度落として影響長引く

日直予報士

2018/8/8 18:48

ノロノロ台風13号は午後6時現在、時速10キロとさらに速度を落としてきました。帰宅ラッシュとともに、関東では沿岸部を通る交通機関から影響が出始めています。このあと、さらに影響が大きくなりそうです。

●8日日中の雨と風の状況

【雨の状況】雨はまだ強くありませんが、断続的に降っています。午後5時までの24時間雨量は、埼玉県秩父市三峰で85.5ミリ、千葉県君津市坂畑で81.0ミリなど、台風本体の雨雲がかかる前から、既に局地的にまとまった雨となっています。
【風の状況】風は沿岸部を中心に10メートルを超えていて、千葉県や茨城県を走る電車を中心に影響が出始めています。
【波の状況】高波の影響で、神奈川県の西湘バイパスなど海沿いでは通行止めになっている道路もあります。

●8日夜~9日にかけての見通し

【雨の予想】8日夜から9日午前中にかけては、台風本体の活発な雨雲が千葉や茨城を中心にかかる見込みです。水しぶきで視界が悪くなるほどの雨の降る恐れがあります。道路の冠水などの危険もありますので、車の運転はなるべく控えてください。
【風の予想】8日夜から9日午前中にかけては、千葉や茨城では暴風が吹き荒れ、終電頃から朝の電車に大きな乱れが予想されます。そのほかも、東京都心や神奈川の沿岸部を中心に影響が出る恐れがありますので、交通情報もご確認ください。
【波の予想】千葉や茨城では、10メートルの波が予想されていて、海沿いを通る道路では、越波の影響が出る可能性もあります。十分ご注意ください。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス