‟ミスタープレバト”梅沢富美男、悲願のタイトル獲得なるか?

8月9日(木)夜7時から放送の「プレバト!!」(TBS系)では、名人・特待生が出場する「夏の炎帝戦」の決勝の模様を送る。8月2日放送の予選では中田喜子、立川志らくが特待生の予選を見事勝ち抜き、本戦進出を決めた。

決勝では、予選敗退者が見守る中、“ミスタープレバト”梅沢富美男をはじめとする5人の名人、予選を通過した特待生2人が“夏の俳句王”の座をかけて、戦う。

2017年の炎帝戦覇者・藤本敏史は「夏の俳句詠ましたらフジモンの右に出る奴はおらへんな、みたいな」と自信を見せ、タイトル戦三冠を誇る東国原英夫は「フジモンの俳句を目標に1年間ずっと勉強してきた」と明かした。

また、タイトル戦で2度準優勝を経験しているKis-My-Ft2・横尾渉は「そろそろ獲らないと。ずっと千賀(健永)がトロフィーを自慢してくるんで」と、真剣な表情を見せる。大舞台に弱いと評されているフルーツポンチ・村上健志や名人まであと一歩の実力を持つ中田、特待生に上がって間もない志らくの活躍にも注目だ。

さらに、梅沢は「今回だけは“無冠の帝王”を返上してタイトル獲りますから!」と、強く意気込んだ。

決勝戦のために俳人・夏井いつき氏が用意したお題は「ラジカセ」の写真。ハイレベルな決勝戦で見事、トップに輝くのは一体誰なのか!?(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/157745/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス