明石家さんま、立川志らくに「クズ」と評された“食のマナー”に非難集中

アサ芸プラス

2018/8/8 17:58


 お笑いタレント・明石家さんまの飲食店での“食べ残し”に関する発言が物議を醸している。

さんまは8月1日放送の「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)に出演した際、取り放題・食べ放題が人気のバイキング形式の飲食店におけるマナーについて話題が及ぶと、あれもこれもと無作為に大量のメニューを盛り過ぎると好みに合わずに食べ残してしまう場合がある、と語るゲストの落語家・立川志らくへ、「でも、残してもいいじゃないですか、バイキングって」と反論。

すると、立川は、このさんまの持論に対して、「さんまさん、大先輩に申し訳ないですけれども、“残してもいいじゃないでしょうか”という台詞は、人間としてクズでございます」と一蹴し、議論を白熱させた。

「その日の体の調子などによって食べられる量が変わり、満腹になったら残すことは仕方がないと主張するさんまと、満腹になる前に少しずつ調整しながら料理を盛り、残さないように配慮すべきと考える立川のバトルとなりました。ただし、決して裕福とは言えない家庭に育ったさんまと名家に生まれた立川とでは価値観が合致するのは困難でしょう。特にさんまは若手時代に同期のオール巨人とお好み焼きを食べに行った際にも、ガサツな焼き方やテーブルマナーを叱責され、厳格な巨人から“お前とは二度と飯に行かない”などと立腹されたようです」(テレビ誌ライター)

また、最近はバラエティでさんまが飲食するシーンは激減したものの、かつては食べている最中にしゃべることで口からモノを落としたり、箸先を振り回したりと、お世辞にも素晴らしい食のマナーとは言えないことで有名だった。

今回のバイキングでの振る舞いに関する立川との意見の食い違いについても、ネット上では立川を支持する声が多く、“バイキングでは食べ残してもいい”との発言は世間からの共鳴を得るには至らなかったようだ。

芸人として大成功を収め、経済的には何不自由のないさんまだが、やはり“幼少期に受けた食育”は一生ついて回るものなのかもしれない。

(木村慎吾)

あなたにおすすめ