「いま『マクロスF』の話ができて嬉しい」中島愛、デビュー10年を振り返る


アニメ作品との出会いが全部私の転機になっている
TVアニメ『マクロスF』のランカ・リー役で声優デビューを果たし、アーティストとしても精力的に活動している中島愛。ランカのキャラクターソング「星間飛行」をリリースしてから10年目というアニバーサリーイヤーを迎えた彼女は、8月1日に12枚目のシングルとなる『「知らない気持ち」/「Bitter Sweet Harmony」』を発売した。

今回、中島にこれまでの声優・アーティスト活動を振り返っていただきつつ、アニメダブルタイアップとなる本シングルの聞きどころ、そして今後の目標などについて聞いた。
○▼毎日がファンタジーのよう

――『マクロスF』のランカ・リーとして声優デビュー、そしてキャラクターソング「星間飛行」をリリースしてから10年が経ちました。デビュー当時と変わったと感じる部分はありますか?

『マクロスF』のランカでデビューしたときは10代で、高校を卒業してからすぐにテレビ放送が始まりました。そのタイミングで茨城から東京に上京して一人暮らしも始めたので、正直、デビュー当時はあまり余裕がありませんでした。なので、その時と比べると一つ一つの仕事を噛みしめて楽しめるようになったと思います。

――その余裕のなさはデビュー作が長年続いているビッグタイトルだったというのも関係しているかもしれないですね。

オーディションに合格したときから生活……いえ、もう人生が変わったので、デビューから数年はその現状を受け止めるのに必死でした。しかも、頑張り過ぎていたのか、当時のことを所々覚えていないんですよね。そのくらいがむしゃらだったんだと思います。今は一つ一つちゃんと覚えていますし、何をやって、どういう風に見てもらいたいのかを自分なりに表現できるようになった気がします。

――なるほど。デビュー10周年ということなので、この機会に改めて声優とアーティストを目指されたきっかけについても教えていただけないでしょうか?

物心がついたときから音楽を聴くのが好きで、自然と家でも趣味で歌うようになりました。また、少女マンガも好きで、小さい頃はマンガ雑誌のキャラクターにアテレコして遊んでいたんですよ。

――つまり目指すきっかけは自身の趣味だった?

そうですね。とは言っても留守電などで自分の声を聞いて特徴がないと感じていたので職業にできるとはまったく思っていなくて……。それでも、声を使う仕事をやりたいと強く思ったので、オーディションを受けることにしました。

――そして、オーディションに合格した。

当時所属していた事務所のオーディションを受けるために履歴書を送ったのですが、「どの職業を目指したいか」という項目で「歌手」「女優」「声優」「ラジオDJ」など全部に〇を付けたんです。とにかくやる気あります、何でもやります! みたいな(笑)。それがよかったのかどうかは分かりませんが、オーディションに合格できました。

――合格して、実際にデビューしてからの活動はいかがでしたか?

先ほどお話した通りデビュー当時は必死でしたが、それでも憧れの業界で仕事をできているのが夢のようでした。テレビ局やラジオ局に行くだけで「おぉー!」みたいな(笑)。毎日がファンタジーのようで、現実味があまりなかったです。

――中島さんはアイドルがお好きだとうかがいました。そんな好きな方々が近くにいたらどうしてもテンション上がってしまいますよね。

今でも可愛い女の子たちと仕事が一緒になると遠くからずっと見ています。気持ち悪いですよね(笑)。元々、ミーハーなんですよ。ただ、そういう憧れや好きという気持ちは変わらずに持っていたい、ルーティンワークにはしたくないと思って10年活動してきました。

○▼活動休止前とは違う自由さで活動できている

――ランカは作中で一躍有名となり一気に人気アイドルとなる「シンデレラガール」で、歌も好きでアイドルに憧れているという側面もあったかと思います。お話をうかがっていると中島さんとランカはリンクする部分が多そうですね。

オーディションを受ける際にランカは「アイドルに憧れる女の子」だと聞いていましたし、当時は年齢も近かったので共感できる部分は多かったです。

――私、実は『マクロスF』が大好きで。Blu-rayも持っているんです。

そうなんですね!

――2008年のTV放送から1年後に上映された劇場版シリーズで、歌も演技も磨きがかかっていくのが目に見えて分かったので、劇場で衝撃を受けたことを鮮明に覚えています。

当時はテレビ放送を経ての劇場版だったので、明らかな成長をお見せしないといけないと思っていて……。怖かったですし、相当プレッシャーもありましたが、こうやって見ていただいた方に評価してもらえるのは本当に嬉しいです。

――感激して劇場に何度も足を運びました(笑)。すいません。私の思い出話を聞いていただいてしまって……。

いえ! むしろ久しぶりにこうやって『フロンティア』のことをお話できてよかったです。放送から年数が経っているからこそ、いまお話できるのが嬉しい。

――10周年なので、今後もこういう話題が関係者やファンの方からも出るかもしれませんね。

そうですね。楽しみです!

――『マクロスF』をはじめ、デビューしてから華々しい活躍をされていますが、中島さんのなかで転機になったと思う作品はありますか?

緩やかに変わりたい、もっといい自分になりたいという想いでずっと活動してきたので「これ!」というのを挙げるのは難しいのですが、『ポケットモンスター』の映画と『プリキュア』作品に関われたのは嬉しかったですね。私自身が子供の頃にアニメで救われたので、たくさんの子供が見てくれる作品に関われたことがとても感慨深かったです。夢の一つでもあったので、「頑張ってきてよかったな」と思いました。

――その2作品は今でも子供たちに大人気の作品ですね。

『プリキュア』は15周年で、『ポケットモンスター』は私が小学1年生のときからずっと続いている作品です。『マクロス』もですが伝統的な作品に関わらせていただくと一層気持ちが引き締まりますね。そういう作品との関わりによってアニメソングが生まれることもあるので、アニメ作品との出会いが全部私の転機になっていると思います。

――アーティストの面では一旦活動を休止されたのも転機のひとつとして挙げられるかと思いますが、休止前と今で意識することは変わったと思いますか?

変わったと思います。休止前はどうしても、デビュー時のがむしゃらにやっていた延長線上に自分の気持ちがあって……。ずっと青春時代をひきずっているような感覚だったんです。別に周りからそういうのを求められている訳でもなかったのに、10代の頃の元気さを持ち続けなきゃと自分に言い聞かせながら活動していました。ただ、一度休憩してリスナーとして音楽をもう一回聞ける機会をいただけたことで、勝手に自分を縛って活動しても楽しくないし、いいものは生まれないというのが分かって。だからこそ、今は活動休止前とは違う自由さで活動できていると思います。

●自分一人ではこの歌い方を作れなかった
○▼以前の私と同じ表現ではいけない

――10年の活動を振り返っていただきありがとうございました。そんな活動を経て、8月1日にアニメダブルタイアップのシングルが発売されました。まずはTVアニメ『かくりよの宿飯』のEDテーマ曲「知らない気持ち」についておうかがいできればと思います。

この曲はシングルとしては久しぶりのバラード曲です。活動を再開してからは2枚のシングルと1枚のアルバムをリリースしていますが、タイトル曲やリード曲では「帰ってきました」というのをアピールしたかったので、あまりスローテンポなものをあえて選ばないようにしていました。ただ、自分の違った味を感じてもらうにはバラードだろう、そろそろバラードも歌いたいなという気持ちもあって……。そんなとき『かくりよの宿飯』の第2クールのEDのオファーをいただき、しかもバラードでという提案が監督からあったんです。

――気持ちが一致した。

そうです! 自分が歌いたい曲調の曲だったので、気持ちよく歌えました。一方で数年前の私と今の私が歌うバラードでは表現が違っていなきゃいけないという自分を試すような気持ちもありました。

――そんな楽曲を制作されたのがシンリズムさんです。シンリズムさんにお願いしようと思ったのには何か経緯があったのですか?

今までの自分とは違う表現をという気持ち、またバラード曲を歌ううえで自分よりも年下のフレッシュなクリエイターの方にお願いしたいと元々思っていたことから、20歳の新進気鋭のシンガーソングライターであるシンリズムさんにお願いしました。ただ、20歳とは思えないくらい歌声も大人っぽくて、落ち着きのある方だったのでビックリしましたね。

――いい意味でフレッシュさを感じなかった?

そうですね。曲に関しても歌詞には所々に青臭さを入れてくださったのですが、全体の雰囲気は背伸びをしていない、自然な大人感を表現してくださいました。なので、曲をいただいたときからその雰囲気を壊さないように歌おうと決めていましたね。私が大人っぽくしようと意識するのは絶対に違うと思ったので、背伸びせずに歌いました。

――それは物語が核心に迫っていく作品にもマッチしそうですね。

そうなんですよ。特にサビのユニゾンの部分。あそこは聞いていただく方に主人公の(津場木)葵と大旦那をパッと想像してもらえたら、と思いながら歌っています。アニメソングってそうやってキャラクターや作品を思い出せるようなものだと思うんですよね。

――アニメタイアップ曲を歌っているときは基本的に作品のことを意識している?

曲によって主人公・ヒロインなど視点を変えますが、意識はしています。時にはどのキャラクターと決めずに、作品全体に通ずるように歌うときもありますね。今回の曲は葵だけの気持ちではなく、大旦那の心情も表していると感じました。だから、第三者の立場から二人を見ているような感じで、物語全体を包み込むEDテーマ曲になればと思っています。

――なるほど。様々な思いを込めて歌っているかと思いますが、シンリズムさんからはどのようなディレクションを受けましたか?

その点においては、20歳だなーと感じました。

――えっと……。

ずっと恐縮している感じだったんです(笑)。「素晴らしいです。中島さんの歌、すごく上手で」とずっと褒めてくださいました。とっても気分がよかったです(笑)。

――社会人の先輩を立てるような感じだったんですね(笑)。ではあまりディレクションなどはなかった?

そうですね。基本的には私の提示したものを気に入ってくださったので、細かいディレクションは特にありませんでした。逆にシンリズムさんが今回の曲のコーラスを収録されているところに私が立ちあって、「いい感じです!」「さっきのすごくよかったです!」という感想をキューボックスから伝えていました(笑)。

――そのときもシンリズムさんは恐縮されていた?

「あっ、そうおっしゃるなら」みたいな感じでしたね(笑)。
○▼年齢感についてはたくさん質問しました

――楽しいレコーディングだったということがよく分かりました(笑)。続いてもうひとつのタイアップ曲「Bitter Sweet Harmony」について教えてください。こちらはTVアニメ『すのはら荘の管理人さん』のOPテーマ曲で、どことなく“幸せ”を感じる曲です。

『すのはら荘の管理人さん』は飛び切り嬉しいことや悲しいことが起きるというよりも、変わらずに待ってくれている人がいる、その当たり前の日常が幸せだということが描かれている作品だと思います。そんな幸せなループ感を作品から感じましたし、kzさんが書いてくださった曲からも感じられました。

――「知らない気持ち」とは落差のある曲ですね。

「知らない気持ち」は自分の気持ちと向き合い、一人で日記や手紙を書き連ねるような真摯さがある曲です。一方、「Bitter Sweet Harmony」はアニメを見てくれた人、またはこの曲を聞いてくれた人が一日の疲れを吹き飛ばしてもらえたらいいな、頭を空っぽにしてもらえたらという想いを込めている曲ですね。

――なるほど。先ほど本曲をプロデュースされているkzさんのお名前があがりましたが、中島さんは以前にも共演されていますよね。

2012年に「livetune」さん名義で出された「Transfer」という曲にゲストボーカルとして参加しました。この曲、自分のライブでも何度か披露したことがあるくらい好きなんです! だから、私もいつかはkzさんに曲を書いてほしいなと思っていて……。6年越しにようやくご一緒することができました。

――念願がかなったんですね!

はい! 「Transfer」のときも頭から最後までディレクションをしてくださったのですが、とても簡潔かつ的確にアドバイスをしてくださったんです。なので、今回もkzさんにたくさん意見を聞きながらレコーディングしました。中でも年齢感についてはたくさん質問しましたね。

――年齢感?

はい。この曲は、すのはら荘の管理人さんである春原彩花さんのイメージが私のなかにあったので、20代中盤くらいの年下を可愛がるお姉さん感を歌で表現したかったんです。ただ、明るい曲だから可愛さも欲しい、とはいえぶりっ子にはしたくないという想いもあって……。そんな難しい表現を実現するために、kzさんに一行ずつ「ここはどうですか?」と年齢感を確認しながらレコーディングを進めました。きっと自分一人ではこの歌い方を作れなかったと思います。

――二人三脚で作っていった曲なんですね。「Bitter Sweet Harmony」はMVも収録されたとうかがいました。

MVはイラストレーターのちゃもーいさんのイラストと実写がミックスされたファンタスティックな映像になっています。これまでのMVのなかで一番ポップな仕上がりになっているんじゃないかな。目くるめく世界が広がっていく感じの面白い映像ですね。

――場面がどんどん変わっていく感じ?

そうですね。フルで見ていただいても楽しいですし、ワンシーンだけ切り取ってみても面白い作りになっていると思います。

●やりたいのは、パイ投げ
○▼記念すべき節目にジャケット撮影

――8月1日に発売されるシングルは「かくりよ盤」と「すのはら盤」の2つの形態でリリースされます。それぞれでジャケットも異なる仕様になっていますね。

どちらもちゃもーいさんのイラストと融合した素敵な仕上がりになっています!

――「かくりよ盤」では浴衣を着ていらっしゃいます。こちらは『かくりよの宿飯』のOPテーマ曲を担当された東山奈央さんが着物を着ていたという流れもあって?

そうですね。『かくりよ』の流れもあって浴衣を着ました。今回の浴衣はポップでボーダーっぽい柄になっています。実は一つ前のアルバムから私はボーダーを着ていまして……。まだボーダー推しが続いているんです(笑)。

――一方で大人っぽさも感じられる浴衣です。

少しシックさも感じられる浴衣になっています。ジャケットの表情も大人っぽいものが採用されました。

――発売時期に合った夏っぽい感じが出ていますね。

そうですね! 8月にリリースするのは「ありがとう」以来かな。リリースの時期によって着る服が違うのも個人的には楽しみのひとつです。

――一方の「すのはら盤」のジャケットは楽曲通りにお姉さん感のある仕上がりになっています。

コンセプトは「年下を誘惑するお姉さん」。ビビットでキャッチ―なビジュアルになっています。

――まさにその雰囲気をジャケットから感じます! ちなみに撮影はいつ頃されましたか?

誕生日の直前にジャケットの撮影とMVの収録を行いました。記念すべき節目に撮影したんですよ。

――そんな節目での撮影。印象に残っていることは?

このジャケット、実は立ったまま撮影しているんです。畳などを壁に貼ってもらい、枕は角度を決めて置きました。枕については、テープで貼って後頭部で支えながら撮影しているということをお伝えしておきます(笑)。10年前だったらこういう無理なポーズでの撮影は諦めようとしていたと思いますが、今は「勝負だ!」という気持ちで臨めるんですよね。とても楽しかったです。

――まさか、立ったまま撮影しているとは……。

寝ているように見えたなら本望です(笑)。また、今回はブックレットの仕様にもこだわっています。CDを手に取っていただいた方はサプライズを楽しみにしておいてください!

――中島さんのジャケットやMVは毎回テーマがあり、見ているだけで楽しいです。

よかったです! アイドルが好きだからかもしれませんが、私、テーマやコンセプトという言葉に弱くって。アイドルの方が衣装などについて「こういう意味があるんです!」と説明されているのを聞くと「そうなんだ! いいね~」ってなっちゃう(笑)。私もそういうコンセプトを大事にしたいと思って、色々なことに挑戦しています。
○▼「声優」「アニメ」は"夢"、音楽は……

――ここまで表題曲を中心におうかがいしてきましたが、「かくりよ盤」と「すのはら盤」では収録されるカップリング曲も異なりますよね。まず「知らない気持ち」がメインの「かくりよ盤」にはシンリズムさんがプロデュースされた「ポラリス」が収録されます。

「知らない気持ち」は落ち着いた大人っぽさ、飄々と自分の気持ちを語っていくようなバラードだったのですが、「ポラリス」は少し軽快さがある、大人の自分が青春時代を振り返るような感じになれば、と思いながらレコーディングした曲です。

――「走り出すのは嘘じゃない」などの歌詞からも青春っぽさを感じます。

瑞々しい曲だなと特に歌詞から感じます。復帰後は自分の年齢やキャリアと比べて背伸びもしていない、若くもない今の自分だから歌える曲が多かったのですが、「ポラリス」では、青春時代を思い出しながら歌ってみようと思って。何というか、誰しも青春時代を思い出すと若くなるじゃないですか(笑)。それって別に若作りではないと思うんです。

――無理せず10代の頃を思い出しながら歌った曲?

そうですね。だから、10年前に同じ曲を歌っていたらきっと表現方法は違ったはず。この曲はカッコいいではなく、可愛らしいと思ってもらえたらいいな。

――一方の「Bitter Sweet Harmony」がメインの「すのはら盤」にはTVアニメ『重神機パンドーラ』の挿入歌「悲しみと共に」が収録されます。

2017年の秋頃に『重神機パンドーラ』の9話で流れる挿入歌を歌ってほしいとオファーをいただき、歌わせていただいたのがこの曲です。ダグ(・ホーバット)というキャラクターが過去の悲しい経験を一人語りするシーンで流れるので、アニメのワンシーンに特別寄り添った曲になっています。挿入歌はOPやEDテーマ曲とは違った役割を果たすので、また違った責任があると思っています。キャラクターのことを思い、そのシーンの流れも想像しながら歌う……。歌が主張しすぎてもいけないし沈んでもいけない。自然と耳馴染みがいい、セリフとも合うボーカルのトーンを求められるという、これまでにない挑戦でした。その分やりがいもありましたね。

――挿入歌はキャラクターのことをより深く思って歌うことが多い?

そうですね。一方で「悲しみと共に」は中島愛としてここまで人生の真理を付くような歌詞の曲を歌う機会がなかったので、私が歌う意味は何なのかも考えました。こういう曲はもっと年を重ねて深みを増してから歌うものと勝手に想像していたんですよ。それを20代後半の私が歌う意味……。ジャジーな曲でもあるのできっとそれは生々しさやある種の荒削りな部分なのかなと思い、今の私が考えうる最大限の人生観を詰め込んで歌おうとマイク前に立ちました。

――ここまでのお話をうかがっていて、今回のシングルは節目に相応しい、色々な挑戦が詰まった曲ばかりな気がしました。

曲調としては新しいフィールドというよりも今までやってきた自分らしさのエッセンスを抽出して煮詰めている感じですが、それが今までと同じようなボーカルと思われたら意味がない気がします。そういう意味では挑戦になると思います。中島愛っぽいけども、歌い方は新しいと思っていただけたら嬉しいですね。

――8月1日のリリース以降も「Animelo Summer Live 2018 “OK!”」への出演などすでに様々な活動をされることが決まっていますが、今後の目標などはございますか? 先日の特番ではパイ投げをしたいとおっしゃられていましたが……。

パイ投げはぜひやりたい(笑)。あと、私が好きなプロレスラーが両手にビールを持って一人で乾杯してそのまま顔にかける勢いで飲むというパフォーマンスをやるんですよ。彼のように皮のベストを着て、それをやりたいです!

――それをYouTubeなどで配信すると面白いかもしれません。

中島愛、一回限定のYouTuberデビュー(笑)。こういったしょうもない野望はいっぱいありますが(笑)、いまの一番の目標は「続けること」ですね。一度活動を休止しているので、続けることの大切さ、そして難しさを知っています。復帰後、奇跡的にいいペースでリリースをさせていただいているのですが、これは当たり前のことではありません。それでも、今後もいいペースでCDをリリースし続けて皆さんに定期的に曲を聴いていただけるのであれば、こんなに嬉しいことはないです。

――本日は色々とお話いただきありがとうございました。最後に中島さんにとって「声優」「アニメ」「音楽」とはどういう存在なのか、教えてください。

まず声優は“夢”ですね。アニメは色々な可能性が詰まっているものでしかないですし、一視聴者だった頃から私自身が勇気づけられてきた夢のようなものです。いま声優としてそのアニメに関われている、一部になっているという実感と喜びがあるので、この言葉が当てはまると思います。「アニメ」も同じく“夢”かな。ただ、「アニメ」は私にとって核となるものです。それは声優・アーティスト業どちらから見ても、です。アニメソングを歌えていることはデビュー当時から誇りに思っていることだし、海外で歌っていてもアニメソングの力を感じるんですよ。私にとって「アニメ」は活動の真ん中にあるものですね。

――では「音楽」は?

これは語弊があるかもしれないですが“趣味”ですね。私、とにかく音楽が好きなんですよ。そんな音楽を趣味のまま仕事としても続けられるのは才能だと思うんですよね。これは活躍されている先輩方を見ていても感じることです。私もそうなりたいです。

▼中島愛12thシングル「知らない気持ち」/「Bitter Sweet Harmony」
発売日:8月1日
・かくりよ盤
価格:1,300円(税抜)
01.知らない気持ち
02.Bitter Sweet Harmony
03.ポラリス
04.知らない気持ち(Instrumental)
05.Bitter Sweet Harmony(Instrumental)
06.ポラリス(Instrumental)
・すのはら盤
価格:1,300円(税抜)
01.Bitter Sweet Harmony
02.知らない気持ち
03.悲しみと共に
04.Bitter Sweet Harmony(Instrumental)
05.知らない気持ち(Instrumental)
06.悲しみと共に(Instrumental)

あなたにおすすめ