正直辛い。婚活している女性の実態とは



素敵な結婚を目指して婚活を始めたものの、なかなか素敵な男性とは出会えずに、時間やお金はもちろんのこと、気力まで失くしてしまっているという女性も少なくないのではないでしょうか。そんな婚活が辛いと感じたときの対処法について、婚活コンサルタントの澤口珠子さんに聞きました。

■婚活が辛いと感じるアラサー女性の現状

まずは、婚活アラサー女性の現状から教えてもらいましょう。婚活が辛いと感じている女性のリアルとは?

◇気付けば独身彼氏なしは自分だけ

ほとんどの女性が30歳までに結婚をして子どもを持ちたいと漠然と思っているかもしれません。しかし、日々の忙しさや仕事に追われているうちに、あっという間にアラサーになり焦って婚活を始める女性はとても多いもの。しかも、アラサーになると学生時代からの友人や会社の同期が続々結婚していき、「気付いたら独身で彼氏がいないのは自分だけ……」なんて体験談もよく聞きます。

◇焦って婚活がうまくいかない悪循環

上記のような状態に気付き余計に焦り、学生時代の頃のように人との出会いや恋愛を楽しめなくなります。その結果、婚活がうまくいかず「婚活が辛い、やめたい」、「でもやめてしまうと結婚できなくなる。その方が恐いからしんどくても辛くても婚活を続ける」という心理に。そして結果が出ずにまた焦り、振り出しに戻る……。これが婚活を辛いと感じているアラサー女性の現状です。この状態では、心も体もどんどんすり減って疲弊していく一方です。近年では「婚活うつ」なんて言葉もできたぐらい。辛い婚活をしていると、幸せな結婚はより遠のいてしまいますね。

■うまくいかないから? 婚活が辛い原因

つづいて、少なくないアラサー女性が婚活を辛いと感じてしまう原因について教えてもらいました。

◇いい男がいない

出会いは自分が気付いていないだけでたくさんあるのですが、“自分のお眼鏡にかなういい男”との出会いがない、ということが辛いのです。婚活中は、会う男性たちを「自分の結婚相手としてふさわしいかどうか」という、減点方式でジャッジしがちです。そうするとどうしても採点が厳しくなり、たくさんの男性にがんばって会っても、なかなか自分のいいと思う男性がおらず、出会いの場に出かけること自体が苦痛になっていきます。

◇条件の合う男性とうまくいかない

婚活をしていると、あちらからアプローチしてくるのはどうでもいい男性ばかり、逆に自分が気に入った男性からはサッパリ、なんてことが多々あります。あなたが気に入る条件の男性は、ほかの女性からも人気があるもの。結果、意中の相手に振り向いてもらえないことが多くなりますし、ほかの女性と張り合って婚活すると、心身ともに疲れますよね。

◇年齢や容姿で判断される

婚活市場はどうしても条件で相手を判断しがちですし、自分も条件では判断されがち。ここでいう条件とは、男性は見た目と年収、女性は見た目と年齢。こうした上辺だけの条件で判断され、性格や人柄などの内面を見てもらえないことに辛さを感じる女性は多いものです。特に女性は、年齢を重ねれば重ねるほど婚活市場では不利になりがちなので、婚活が長引けば長引くほど辛くなります。

◇仕事と婚活の両立がきつい

仕事で疲れた後に合コンやデート、土日はお家でゆっくりしたいのに、街コンやパーティーなど出会いの場へ体を鞭打って参加する。そんな婚活生活が長引くと、体力的にも金銭的にもどんどん負担が大きくなり、辛くなっていきます。婚活に無理をしすぎて、仕事に支障をきたすなんてことも。

◇親やまわりからのプレッシャーがきつい

婚活をがんばっているのになかなか結果が出ないと、辛いのが親やまわりからのプレッシャーです。そのプレッシャーが辛くて、親と喧嘩をしたり、お盆やお正月に実家に帰省するのをやめて海外旅行に行ったりする女性もいるほどです。

■婚活が辛いときの対処法5つ

◇婚活は自分磨きと発想を変える

婚活は自分を磨く最高のツール! なぜなら人は人でしか磨かれないからです。婚活をするとたくさんの異性との出会いがありますよね。その出会いのひとつひとつがあなたを人として磨き、成長させてくれるのです。すべての出会いは必然ですから、まずは純粋に人との出会いに感謝してみましょう。

◇婚活を楽しむ方法を模索する

あなたは何をしているときが楽しいですか? 例えば旅行が好きなら旅先で出会いを探したり、その国の言語を学びに行ったり。山登りが好きなら山登りサークルに入ってみたり、テニスやゴルフが趣味ならスクールに通ってみたり。アニメや漫画が好きなら、そういったサークルやオタク婚活パーティーに参加してみるなど。自分の好きなことと婚活を同時に楽しめる婚活方法を模索してみましょう。また婚活をきっかけに、囲碁や将棋など、男性が多い趣味に挑戦するのも新たな世界を広げてくれますよ。

◇結婚相手ではなく、男友だちや飲み友達を作ることから始める

彼氏もいないのにいきなり結婚を目指すのは、勉強していないのに東大合格を目指すのと同じこと。いきなり結婚相手を探すのではなく、まずは気軽に飲んだり、遊んだりできる男友だちから作っていきましょう。そしてその中から、彼氏候補、彼氏、結婚相手と段階を踏んでいけばいいのです。

◇視野を広く持つ

辛いときや婚活がうまくいかないときは、大抵視野が狭くなっています。そういうときはできるだけ広い視点を持つようにしましょう。たとえ会社の同期で独身が自分だけだとしても、それはその会社だけの限られた話。日本にはそれこそ独身の男女がたくさんいますよ。

◇婚活仲間を作る

情報を共有したり、励ましあったり、一緒にがんばれる同性のお友だちを作りましょう。「辛いのは自分だけじゃないんだ」と思えたら、辛さも軽減されますよね。婚活の場では異性との出会いだけでなく、同性のお友だちも作るチャンスですよ。

■「婚活=辛い」とならない方法を自分なりに考えよう

自分の人生のパートナーを見つけるための婚活ですから、時間がかかってしまうのはしょうがありません。幸せな結婚をするためにも、婚活自体を楽しめるようになりたいものです。上記を参考に、自分なりの婚活を楽しむ方法を見つけて、ぜひ婚活自体を楽しんでくださいね。素敵な婚活ができますように!

(文:澤口珠子、構成:おぜきめぐみ)

※画像はイメージです

あなたにおすすめ