強い台風13号 あすにかけて大荒れ 東北

日直予報士

2018/8/8 16:50

強い台風13号が東北南部に接近する影響で、東北地方では、きょう8日夜からあす9日にかけて太平洋側南部を中心に大荒れになるでしょう。東北地方ではこれまでの雨で、すでに地盤の緩んでいるところがあります。土砂災害、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要です。暴風、高波にも警戒してください。

●強い台風13号 最接近前から大雨

8日昼頃の時点で、強い台風13号は、勢力を保ちながら千葉県勝浦市の南海上を北よりに進んでいます。今のところ、あす9日昼頃に東北南部に最も近づく予想です。また、東北地方では、台風の北側の前線がかかる予想です。このため、福島県、宮城県を中心に、台風が近づく前のきょう8日夜から雨脚が強まってきそうです。暗い時間帯に急に雨や風が強まる可能性がありますので気象情報や自治体からの情報はこまめに確認できるようにしましょう。

●あす9日木曜日にかけて大荒れ

台風13号の最接近に伴って、あすは雨や風がさらに強まり、太平洋側南部を中心に大荒れの天気になるでしょう。また、台風は自転車並みのスピードで動きが遅く、東北地方には台風本体の発達した雨雲が長い時間かかりそうです。
特に雨量が多くなるのは東風が吹付ける福島県の中通りと浜通り、宮城県、岩手県の沿岸地域になる予想です。局地的にバケツをひっくり返したような激しい雨の降るおそれがあります。また、屋外では危険を感じるぐらいの猛烈な風が吹くおそれがあります。大雨、暴風に警戒してください。なお海上はうねりを伴って猛烈にしける予想です。高潮のおそれもありますので海岸付近には近づかないようにしましょう。

●あす9日木曜日は交通情報を確認

大雨や暴風の影響で、あす朝は交通機関が乱れ、道路も大渋滞になるおそれがあります。いつもより早めに起床して、出発前に交通情報を確認し、時間にゆとりを持ちましょう。交通機関の乱れは、帰宅時間帯も続く可能性があります。早め早め行動を心がけましょう。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ