新入社員が入社を後悔する理由、最も多いのは?


レバレジーズは8月8日、新卒で入社した就職先に関する意識調査の結果を発表した。調査は7月16日~23日、フリーター・既卒向け就職支援サービス「ハタラクティブ」で、2018年に新卒として入社した登録者110人を対象にインターネットで行われた。

調査の結果、59.8%が入社を後悔していると回答。その理由を訪ねたところ、「入社前の情報収集が足りなかった」(31.3%)、「やりたいことが明確にならないまま入社をしてしまった」(21.6%)、「最初に内定が出た理由で入社をしてしまった」(20.9%)、「やりたいことよりも企業規模や有名さ、安定を重視していまった」(13.4%)、「本命企業の選考の内定が出なかった」(8.2%)、「周りの意見に流されてしまった」(4.5%)などが選ばれた。

回答者のうち、すでに退職している人に退職までの期間を伺った結果、29%が1ヶ月以内に退職。約87.5%が入社から3カ月以内に退職を決めていた。退職や転職をする際の相談相手、34.2%が両親と回答。次に多かったのは「友人」の26.6%だった。同じ職場の人に相談する人は少なく、12.6%という結果となった。

また、40.4%が、短期離職をしても「第二新卒として就職活動を行えるので問題視していない」と回答。その他(19.6%)の回答には「第二新卒だがスキルは新卒レベルなので不利だと思っている」「そもそも第二新卒として受け入れてくれる企業があるのか不安」「そろそろ退職する予定なので、どう動いていいかが分からない」などがあげられた。

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス