マツコ、『クーラーは甘え』という中高年に苦言「死んじゃうよ?子供」

8月6日放送の「5時に夢中!」(TOKYO MX)ではマツコ・デラックスが、昔とは比べ物にならない猛暑にも関わらず、昔の話を引き合いに出し「クーラーは甘えだ」という中高年に苦言を呈した。


マツコ「新しい時代にシフトしなきゃ」


番組では、最大級の猛暑で学校でも熱中症事故が多発し、教室や体育館にクーラーを設置すべきだという声が高まる中、「昔はクーラーが無くても我慢できた。クーラーは甘えだ」と反発する中高年の声も聞かれるという話題を取り上げた。

MCのふかわりょうが「この暑さでも言いますかね、こういうこと」と話を振ると、マツコは「根っこにある物って多分、このクーラー問題だけじゃない気がしてて」と言い、東京医科大医学部医学科の一般入学試験で女子受験生の点数を一律減点していたとされる問題を引き合いに出し「今いろんな意識を新しい時代にシフトしていかなきゃいけないのに、もうジジイが追っついていってないよね」と呆れる。

続けて「もう理屈じゃないんだよ!変わったんですよ!っていう。あなたの精神論はいいですから、あなたの考えはいいですから、ちゃんと社会はもう変わったんですから、それに順応する“ちょっとは柔らかい頭”になってくださいよ!って言ってるのに、出来ない人はもう多分(考えを変えることは)無理なのよ」と捲し立てる。

さらに「こんなの物理的にこいつらの子供の頃に比べて尋常じゃない暑さになってるってのはもう知ってるわけじゃん?このジジイだって。それとこの感情はまた別でしょ?『その前に死んじゃうよ?子供』っていうさ。もう物理的にクーラー入れるのがもう当たり前じゃない。この状況になったら。それでこれ(クーラーは甘え)を言えちゃう感覚がもう」と苦言を述べると「先進国だと思ってたんだけどね、日本ってね」とガッカリ。

これにふかわが「マツコさん自身気をつけてることってありますか?」と質問すると、マツコは「前ほどノスタルジーで物を語るのは止めようって思うようになってきた」と答え、意識的に変えていかないと「つい言っちゃう」と語っていた。

(めるも編集部)

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ