長年の性的虐待に耐え切れず……ロシアで美人3姉妹がマフィアの父親を刺殺

日刊サイゾー

2018/8/8 17:00


 ロシアの首都モスクワで先日、10代の3人姉妹が父親を殺害した容疑で警察に逮捕された。殺害されたのはミハイル・ハチャトゥリアン氏(57歳)で、自宅のエレベーター近くで血を流して倒れているところを発見されたという。遺体には複数の刺し傷があった。

このニュースを伝えたイギリスの新聞各紙によると、ミハイルの長女クリスティナ(19歳)と次女アンジェリナ(18歳)、そして三女マリア(17歳)の3人が殺人容疑で逮捕されたという。警察の取り調べに対し彼女たちは、父親による長年の暴力と性的虐待に耐え切れず、犯行に及んだと供述。父親はヘロイン中毒者だったという報道もあるが、もし姉妹に対し有罪の判決が出た場合は、10~15年の懲役刑になるという。

長女は「私たちは父親のことを憎んでいて、望んでいたことはただひとつ。父親が消えていなくなって、二度と戻ってこないことだったわ」と供述している。

事件当日、家族が住む自宅において、父親がナイフで姉妹を脅したところ、そのうちの一人がそのうちの、ほかの2人も加勢。父親は逃げようとしたがさらに攻撃を加えられ、エレベーター近くまで逃げたところで息絶えたようだ。

姉妹の友人や近所の人たちによると、父親は暴力的な男で、母親はそれに耐えられずに逃げ出し、息子は父親により家から放り出されていた。姉妹の友人によると、父親は犯罪組織との関わりがあり、いわゆるマフィアのボスだったという。

また、姉妹は父親から性的虐待を受けており、うち一人はかつて睡眠薬を大量に飲んで自殺を図ったが、病院に運ばれて助かったこともあるという。

多くの友人たちは、姉妹は殺意があって父親を殺したのではなく、自分たちの身を守るために行った結果が殺人になってしまったのだと話しており、これからの裁判の行方が見守られている。

あなたにおすすめ