みちょぱがAI弟子育成に苦戦!「そもそも大喜利のやり方が分からない」

10月6日(土)に「AI育成お笑いバトル!師匠×弟子」(夜11:45-1:00、NHK BSプレミアム)が放送される。

同番組は池田美優(みちょぱ)、芸人らが師匠となり、弟子としてAI(=人工知能)にお笑い能力を育成するバラエティー。育成されたAIを最終的に大喜利で競わせ合うという世界初の試みだ。さらにその育成に視聴者も参加できるという。

師匠となるのは千原ジュニア、大久保佳代子、ロッチ・中岡創一、池田美優(みちょぱ)の4人。

ザテレビジョンでは、弟子と対面を果たした師匠たちそれぞれの様子を紹介。今回は師匠の中で唯一芸人ではない池田の様子を送る。

■ AI弟子の育成方法は?

弟子の育成に使用するのは、番組のために作られたLINE公式アカウント「大喜利人工知能公式アカウント」。このアカウントでは出題されたお題に回答できる他、お題に対してAIがどのような回答をするのかを見ることができる。

池田ら師匠は毎日24個の大喜利のお題に回答し、プレーンな状態の弟子に自身の回答を学習させる。さらにこの育成には師匠以外の参加も可能。アカウントに登録することによって、師匠らの後輩芸人やファンの視聴者も大喜利ができる。

そこで集まった回答は、師匠が精査。師匠の芸風に合ったものや師匠が良いと思う回答のみを選択して、弟子に学ばせるという仕組みになっている。

■ みちょぱが弟子とついに対面!

池田が弟子に名付けた名前は「みちよさん。」。由来は、自身がよく「みちよ」と勘違いされるからだそうで、小麦色の肌が好きな19歳のギャルという設定とのことだ。

モデルとして活動する池田は、「そもそも大喜利のやり方が分からない! 言葉の意味が分からない!」と育成のための大喜利に大苦戦。

既に育成を始めているジュニアは「意外に芸人ではないみちょぱが一番面白いAIを育てそう…」と警戒していたが、「まあ、私が負けてもAIのせいにするから大丈夫!」と既に投げやり(?)な様子だった。

お手上げ気味のみちょぱだが、番組のLINE公式アカウントに登録することによって、ファンの視聴者も弟子育成の大喜利に参加することができる。

放送までに応援する師匠の弟子をあなたも養成してみては?(ザテレビジョン)

https://news.walkerplus.com/article/156613/

あなたにおすすめ

すべての人にインターネット
関連サービス