兵庫「キッザニア甲子園」パビリオン紹介!パイロットとCAの体験ができる「飛行機」

Walkerplus

2018/8/8 16:00

まるで大人のように仕事にチャレンジできる、職業・社会体験施設「キッザニア」。楽しみながら社会や経済の仕組みを学べると、ファミリーから絶大な人気を集める。そんなキッザニア甲子園パビリオンから、あこがれのパイロットとキャビンアテンダントの体験ができる「飛行機」をご紹介!<※情報はキッザニア甲子園 全パビリオンガイド 2019年版(2018年6月28日発売号)より>

■ 「飛行機」全日本空輸株式会社

体験を通じて、安全に対する責任の重さやチームワークの重要性などを学ぶ。パイロットは、フライトシミュレーターで飛行機の操縦訓練を。難易度は3段階あり、小さい子供でも挑戦しやすい。キャビンアテンダントは、ジャケットを着て機内アナウンスか、エプロンを着てミールサービスを担当。お客様役として、保護者も機内に入れる。

【スーパーバイザーのアドバイス】実際に運航していた飛行機を利用したパビリオンです。安全で快適な空の旅を一緒に体験してみましょう。

【撮影ポイント】保護者もお客様役として機内へ入れるので、直接撮影できる。

■ アクティビティのステップ

【パイロット】

<1>ユニフォームに着替える。パイロットとしての心得や仕事について聞き、ブリーフィングを行う。

<2>フライトシミュレーターの操作方法を聞き、操縦訓練開始。いよいよ離陸!

<3>シミュレーターの画面に現れた空路に沿って飛行機を操縦する。目的地はキッザニア東京空港。

<4>キッザニア東京空港の滑走路に無事に着陸することができたら訓練終了。

【キャビンアテンダント】

<1>お客様の安全を守る仕事(ジャケット着用)とサービスをする仕事(エプロン着用)に分かれる。

<2>ユニフォームに着替える。あいさつやおじぎ、立ち方などの練習をし、お客様をお迎えする。

<3>ジャケット着用のキャビンアテンダントが機内アナウンスや救命衣などをデモンストレーションする。

<4>エプロン着用のキャビンアテンダントが食事などをサーブし、目的地に到着後、全員でお見送りする。

パイロットはブリーフィングシート、キャビンアテンダントは心得シートが持ち帰れる

■ パビリオンの楽しみとキッズのクチコミ!

【コレが楽しめるよ!】ユニフォームがかっこいい。シミュレーターで操縦訓練。

【コレが楽しめるよ!】おもてなしの心を学べる。仕事内容でユニフォームが変わるよ。

「操縦するのがすごく難しかった。いつも飛行機を安全に操縦しているパイロットってかっこいいね!」

「僕の夢はパイロット。今日の体験がすごく楽しかったから、ますますパイロットになりたくなったよ」

「パイロットは、お客様の命を預かって、安全に目的地まで送るという大切な仕事だとわかりました」

「キャビンアテンダントのアナウンスの仕事が楽しかったから、家で練習してもっとうまくなりたいな」

■パビリオンDATA/職業:パイロット 体験時間:約30分 定員:12名 おすすめ年齢:3歳~ 身長制限:なし キッゾ:+8

■パビリオンDATA/職業:キャビンアテンダント 体験時間:約30分 定員:5名 おすすめ年齢:3歳~ 身長制限:なし キッゾ:+8

■キッザニア甲子園<住所:西宮市甲子園八番町1-100 ららぽーと甲子園内 電話:0570-06-4343(インフォメーションセンター) 営業時間:第1部9:00~15:00、第2部16:00~21:00の完全入替制 定休日:不定休 交通:【電車】阪神電鉄甲子園駅から徒歩14分 【車】阪神高速道路3号神戸線武庫川出入口から約5分>(関西ウォーカー・関西ウォーカー編集部)

https://news.walkerplus.com/article/153874/

あなたにおすすめ