絵画のような渓谷美が堪能できる、遠出しても行きたい露天風呂〈愛知〉

Walkerplus

2018/8/8 14:29

愛知県新城市にある「湯の風 HAZU」は、開湯1300年の歴史をもつ湯谷温泉の宿。宇連川を見晴らす断崖に建っており、四季折々に移り変わる蓮莱峡の山の景色を望むことができる。今回は日帰り入浴が楽しめる「湯の風 HAZU」の魅力ををご紹介。

■ 日本の温泉情緒を満喫

約6坪の広さの屋根付きのヒノキ露天風呂は、宇連川を見下ろすロケーションが自慢。日中は木漏れ陽が差し込み心地よい。樹木に囲まれたヒノキの香りと川のせせらぎを聞きながら、日本の温泉情緒が満喫できる。露天風呂のほかにも、広々とした大浴場や、木々に囲まれた屋根付きの露天貸切風呂も楽しめる。

■ 贅沢プランも満載

11:00~17:00の間で滞在できる平日限定のプラン「ゆったり湯の風プラン」は、最大6時間まで利用可。温泉や食事、部屋休憩などでのんびり過ごそう。昼食は季節料理のオリジナルミニ懐石で、とくに女性に好評だ。せっかくなら日帰りステイコースでゆっくり滞在して、湯あみを存分に満喫したい。

四季ごとに表情を変える自然を眺めながら、1300年の歴史を誇る名湯を味わおう。

【風呂データ】大人1200円ほか/風呂数:全3(男湯、女湯、露天、貸し切り各1) ※露天は午前と午後で男女入替制、日帰り入浴の貸し切り風呂利用は不可/泉質:ナトリウム・カルシウム・塩化物温泉(低張性中性温泉)/アメニティ:タオル大・小(各レンタル150円)、シャンプー(各無料)など(東海ウォーカー・東海ウォーカー編集部)

https://news.walkerplus.com/article/156455/

あなたにおすすめ